Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山田涼介はやっぱり弟ポジションが似合う! 『キワドい2人』で田中圭とコミカル演技頂上決戦

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 バディドラマを観る楽しみは、なんといってもまず俳優同士の掛け合いにある。熱狂のうちに最終回を迎えた『MIU404』(TBS系)の綾野剛と星野源、その後に始まった『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)の山田涼介と田中圭。『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の中島健人&平野紫耀もいたし、放送中のドラマでは『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系)の波瑠&鈴木京香も。そして、10月にスタートする最強のバディドラマ『相棒season19」(テレビ朝日系)の水谷豊&反町隆史も控えており、この9月から10月にかけては、いろんな相棒がいっぱいだ。また、警察官ではないが、10月9日スタートの『タリオ 復讐代行の2人』(NHK)で裏稼業の男女を演じる浜辺美波&岡田将生も相棒にカウントしてよいのかもしれない。 【写真】とんでもない表情を見せる田中圭  そんな性別も年齢もさまざまな相棒たちの中で、『キワドい2人』の山田涼介と田中圭は、最も“芝居で戦っている”感じがする。恐ろしく反射神経が良く、コメディセンス抜群の2人による頂上決戦。これまで共演作品がなかっただけに、連続ドラマの主演ポジションを争うトーナメント戦の右端と左端から勝ち上がってきて決勝戦で初めて対戦しているようなイメージだ。と言っても、山田は10代から『左目探偵EYE』や『金田一少年の事件簿』など日本テレビ系土曜9時の“ジャニーズドラマ”枠で主役を張り、いわばシード権をもっていたようなもの。一方、田中は『WATER BOYS』(フジテレビ系)のアンサンブルのひとりから一作ごとにポジションアップしてきた叩き上げ。その2人が本作ではアドリブにはアドリブ、煽りには煽りで対応しているように見え、どちらも負けていないので、安心して楽しめる。第1話、正式にコンビを組めと命じられた2人が「ベビーフェイス」「塩顔ハラスメント」とディスりあい、「僕はちゃんと正しい捜査がしたいんです」「ほう~」と絶妙な表情でにらみ合う場面は笑ってしまった。うまい!  山田演じる新人刑事・神崎は優等生タイプでお人よし。池袋署に赴任してきたときのあいさつに「至誠一貫、真心を込めて誠心誠意勤めます」と、ややくどく「誠」という文字を3回も入れるほどの善意の人だ。田中演じる黒木は「正論だけで人は救えない」と考えるルール度外視の一匹狼タイプ。正反対の2人が出会うシーンでは、半グレ集団に捕らわれた黒木があと先考えずに拘束を解いてガス大爆発を招きそうになり、神崎は監禁され火事で死にそうという非常時にもかかわらずマニュアルどおり事を進めようとするという、行動からそれぞれの性格と弱点がよく分かるシーンになっていた。  実は『キワドい2人』は原作からかなりの部分がアレンジされていて、原作小説『K2 池袋署刑事課神崎・黒木』(『ルパンの娘』の横関大著・講談社文庫)では、神崎と黒木は腹違いの兄弟ではない。2人は同期の仲間で同年代、黒木は警察官だった神崎の父にあこがれて刑事を目指したというストーリーだ。こちらは王道のバディものとして読めるが、ドラマはなぜ異母兄弟というやや無理めの設定になったのだろうか。

【関連記事】