Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

駐ニュージーランド韓国人外交官による「セクハラ疑惑」…「“不十分な”韓国外務省の対応」=人権委員会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WoW!Korea

韓国の国家人権委員会は、韓国人外交官による駐ニュージーランド韓国大使館の現地職員へのセクハラ疑惑について、韓国外交部(外務省に相当)の対応が不十分であると判断した。 【写真】もっと大きな写真を見る ただ 人権委員会は、韓国外交官の行為を「セクハラ」と認めたものの、被害者の主張を全面的には受け入れなかった。 人権委員会はこのような判断を基に、この外交官に対してセクハラ行為の責任を認め、被害者に1200万ウォンを支払うことを勧告した。 加えて外相にも、在外公館でのセクハラ行為の発生時の調査および救済に対する公正性を担保できるマニュアルを作るよう勧告した。 人権委員会は、駐ニュージーランド現地職員(被害者)が主張した、セクハラ行為において韓国外交官が現地職員を触った内容などの一部を認め、また 外交部による対応に不十分さがあったことを認めたかたちとなった。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】