Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

債券下落か、日銀オペ方針受けスティープ化-初回オペ見極め(訂正)

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 債券相場は下落が予想されている。日本銀行が前日公表した7月の国債買い入れオペ予定で超長期ゾーンの買い入れ額レンジや回数が据え置かれたことを受けて、需給悪化懸念から利回り曲線にスティープ(傾斜)化圧力がかかるとの見方が出ている。一方、日銀が今月最初に実施する国債買い入れオペの通知額が注目されている。

先物夜間取引で9月物は日銀オペ方針の公表後に水準を切り下げ、一時は151円83銭まで下落。その後も米長期金利の上昇を背景に上値の重い展開が続き、結局は151円88銭と前日の日中取引終値比7銭安で引けた。

市場関係者の見方

東海東京証券の佐野一彦チーフ債券ストラテジスト

日銀オペ

背景

(c)2020 Bloomberg L.P.

Kazumi Miura

【関連記事】