Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型ヤリス・クロスが提供する“新しい価値”とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

トヨタの新型コンパクトSUVの「ヤリス・クロス」に今尾直樹が試乗した。ライバルに対する優位性とは? 【写真を見る】新型ヤリス・クロスの詳細(28枚)

オシャレなパリジェンヌ向けの小型車か

う~む。これは新しい価値の時代の到来かも……と、試乗して思ったら、プレスリリースのサブタイトルがそうだった。「コンパクトSUVの既成概念を一新!新たな価値を提供するクルマ」。8月31日に発売となったトヨタの新型車「ヤリス・クロス」のリリースの冒頭に書いてあった。 〈ヤリスシリーズならでは「軽快な走り」「先進の安全・安心技術」「低燃費」を受け継ぎつつ、利便性にとどまらず、乗る人の個性やライフスタイルを彩る都市型コンパクトSUVとして、新たな価値を提供するクルマ〉 ヤリスは本年2月に国内発売となったトヨタのベーシック・カーである。新開発のプラットフォーム(GA-B)に新開発の3気筒エンジンを搭載、同エンジンをベースとするハイブリッドを主力パワーユニットとし、大ヒット中だ。4~8月の期間のうち6月を除いて、乗用車の販売台数第1位を獲得している。 ちなみに本年1、2月と6月は「ライズ」、3月は「カローラ」が1位となっている。中日ドラゴンズにたとえると、大島と京田と高橋周平が首位打者争いを繰り広げているようなものだ。いや、アルモンテとビシエドと高橋周平が打点王争いを……、ともかくトヨタは強いはずである。 ダイハツが開発・生産する「ロッキー」の双子車であるライズ、世界のベーシック・カー、カローラ。これらに対して、ヤリスはヨーロッパ向け戦略モデルで、フランスで生産される。ヤリス・クロスも同バランシエンヌ工場でつくられ、かの地では来年発売となる。ヤリス・クロスもまた対欧州戦略モデルなわけである。 オシャレなパリジェンヌ向けの小型車。そう考えると、日本車としては珍しい黄金色やグレイッシュブルー、ベージュといった、ちょっとくすんだシックなボディ色も納得がいく。ルーフをブラック、もしくはゴールドに塗った個性的な2トーンもある。内装もまたブラウン系でまとめられていて、少なくともシックを狙ったモノであることは理解できる。

【関連記事】