Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたの体幹力は? 5つのチェックポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NHKテキストビュー

「体幹力」のポイントは、下記の5項目。体幹力とはどういうものか、自分に足りないポイントはどこか。考えながらチェックしてみましょう。 * * * ■1 姿勢が崩れていないか 体幹の力が弱ければ、重い頭や上半身をまっすぐ支えられず、姿勢を正しく保つことができません。姿勢の崩れは、肩こりや腰痛の原因の一つ。体に凝りや痛みがあると、何をするにもおっくうになり、集中力も散漫になりがちです。 ■2 腹圧をかけられるか 「腹圧(ふくあつ)」とは、おなかの筋肉を内側から引き締める力。腹圧をかけられなければ、おなかがポッコリと出るだけでなく、姿勢が悪くなり、腰痛や便秘などの不調にもつながりかねません。   ■3 片脚で立てるか 片脚立ちでグラグラするのは、体幹が弱い証拠。なかでも、脚を引き上げるときに使われる「腸腰筋」やお尻の筋肉が衰えている可能性が大。これらの筋肉が衰えていると、ちょっとした段差にもつまずきやすく、転倒の危険が増します。 ■4 インナーとアウターのバランスが良いか 「体幹が強い」と自認しながらも、アウターマッスルしか鍛えていない人は少なくありません。外側の筋肉だけでは、正しい姿勢や安定した歩行にはつながりません。目には見えないインナーも鍛えてこそ、バランス良く体幹力を発揮できます。 ■5 とっさに止まれるか 急に自転車が突っ込んできたとき、あるいはボールが飛んできたとき。パッと止まったり避けたりできるのは、アウターマッスルの「腹直筋」の力が大。ここが衰えていると、とっさの動きに対応できず、危険を回避できません。 ■『NHK趣味どきっ! みんなができる! 体幹バランス』より

NHK出版

【関連記事】