Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現役引退後も実績を残し続けるスティーブ・カー「今の私があるのはジョーダンのお陰」

配信

バスケットボールキング

通算3ポイント成功率で歴代1位に君臨するピュアシューター97年のファイナル第6戦終盤にはジョーダンのパスから優勝決定弾を沈める

   5月29日(現地時間28日)。ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)が『NBC Sports』とのインタビューに応じた。  カーは現役時代に15シーズンプレーし、通算910試合(うち先発は30試合)に出場。ロールプレーヤーとしてキャリア平均17.8分6.0得点1.2リバウンド1.8アシストを残し、通算3ポイント成功率45.4パーセントで歴代トップに君臨している。  1988年のドラフト2巡目全体50位でフェニックス・サンズから指名されると、サンズ、クリーブランド・キャバリアーズ、オーランド・マジックでプレーし、93-94シーズンからシカゴ・ブルズへ加入。  ブルズ加入後、カーは前期3連覇(91年から93年)に主力の1人として貢献したジョン・パクソン(元ブルズほか)からアドバイスをもらうなど、自身の役割について学び、このシーズンに自己最高となる平均8.6得点をマークした。  そんなカーのキャリアを一変させたのが、マイケル・ジョーダン(元ブルズほか)の現役復帰だった。95年3月に“I’m back”というシンプルかつ強烈な言葉をメディアへ発信し、世界的な人気と知名度を誇るスーパースターがブルズへ復帰。  93年までに成し遂げた前期3連覇メンバーがほぼ退団していた中で、ジョーダンはブルズを再びチャンピオンチームへと押し上げるべく、恐るべき闘争心を前面に出してチームメートたちに接し、一触即発の展開になることもあった。  だがジョーダン率いるブルズは再び覇権争いに加わり、96年から98年に90年代2度目の3連覇を達成し、NBA史上に残る王朝を築いた。カーはベンチから登場して高確率なショットと堅実なディフェンスをコートへ持ち込み、97年のNBAファイナル第6戦終盤にはジョーダンからパスをもらって2連覇を決定づける貴重なジャンパーを鮮やかに放り込んだ。

【関連記事】