Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【阪神】藤浪晋太郎が2軍降格…13日の広島戦で今季最短4回途中KO 福原投手コーチ「ファームでいい結果を出してほしい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 阪神・藤浪晋太郎投手(26)が14日、出場選手登録を抹消された。甲子園で投手指名練習に参加した福原投手コーチは「もう一度しっかりファームで投げてもらっていい結果を出してほしいですし、ここ数試合の反省もあるので、そういったところをしっかりできるようにやってきてほしい」と説明した。  藤浪は前日13日の広島戦(甲子園)に先発したが、今季最短の3回1/3を5安打5失点KO。初回に鈴木誠に先制3ランを浴びると、味方が逆転に成功した直後の4回1死二、三塁から代打・長野に四球を与えたところでマウンドを降りた。3試合続けて5回を投げ切れず「初回につまずいてしまい、その後は何とか粘りたいと思い投げていましたが、野手の方が逆転してくれた中で、早い回で降板してしまい申し訳ないです」と肩を落としていた。  今月5日の巨人戦(甲子園)では4回1/3を投げて、個人球団ワースト記録を更新する11失点KO。その中でも、矢野監督は「もう1回は、と思っている」と再び右腕をマウンドに送ったが、結果は変わらず、13日の試合後に「(次回は)今すぐちょっと答えは出ないので。考えます」と言及を避けていた。  今季の藤浪は、新型コロナウイルス感染、遅刻による2軍降格などを経て、8月21日のヤクルト戦(神宮)で692日ぶりの復活勝利。7月下旬から先発ローテに定着していたが、8試合で1勝5敗、防御率5.87と打ち込まれる場面も多くなっていた。今後は2軍の兵庫・鳴尾浜で再起を図ることになる。

報知新聞社

【関連記事】