Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉雄大主演! オンラインデートのダブルブッキングで悪戦苦闘するイケメン役に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

千葉雄大が二股中の恋人2人とオンラインデートでダブルブッキングしてしまうスペシャルドラマ「ダブルブッキング」(6月28日[日]昼1:15-2:15、日本テレビ)で放送。2人の恋人役を佐津川愛美と奈緒が演じる。 【速報】イケメンなのに女性の扱いには不慣れな主人公を演じる千葉雄大 ベンチャー企業の経営者・雄二(千葉)が二股をかけている恋人、OLの彩(佐津川)と女子大生マヤ(奈緒)とのオンラインデートでダブルブッキングしてしまい、別々のパソコンで2人とつながり、両者を行ったり来たりしながら何とかごまかそうとするドタバタコメディー。ラストの3分で大どんでん返しが起こり、サスペンス模様に突入していく。 今作はパソコン画面全体を使った映像で構成される。登場人物たちがビデオ通話しているシーンの映像だけではなく、通話の一方で別の人とメールでやりとりをしたり、SNSを見たり、ネットショッピングをしたりと、さまざまな表現を実現。 これによって「画変わりしない」というリモートドラマの難点を克服し、表現の幅の広がった作品となっている。 ■ 千葉雄大 コメント ──このドラマへのご自身の思い、見どころを教えてください。 自粛期間を経て久しぶりのドラマ撮影ということもあり、周りのスタッフの方たちに笑われるぐらい、すごく緊張しています(笑)。でも、台本を読む時間もうれしかったですし、いきなりフルスロットルな作品なので、頑張って全うしたいと思っています。 オンラインというのは、皆さんも経験があると思うんですけれど、タイムラグがあったり、通常の会話だったらスルーされることも、ちょっと違った受け取り方になったりもしますよね。そういった「オンラインならでは」のハプニングが作品中にたくさん反映されていて、そこがとても面白い作品だと思いました。 それから、オンラインと聞くと、あまり登場人物が動かないイメージがあると思いますが、今回僕が演じる雄二は、二股をごまかそうとした結果、自分で自分の首をしめてしまい、家の中を縦横無尽に動かざるを得ない状況に追い込まれるんです。もう、アスリートかな?って感じで行ったり来たりしているので、そのあたりも楽しんでいただけたらと思います。 ──共演の佐津川愛美さん、奈緒さんの印象は? 佐津川さんとは何度もご一緒していますし、同い年でもあるので、すごく頼もしく感じています。 奈緒さんは、最近も同じ映画に出演しているんですが、直接ご一緒するシーンはなかったので、今回共演できてうれしいです。このドラマは登場人物が少ないんですけれど、その分すごく濃厚な関係性が描かれていて、そこも見どころだと思います。 ──プライベートでのオンライン上のやり取りで印象深かった出来事はありますか? 自粛期間中はなかなか髪を切りに行くことも出来ない状況でしたが、そんな中「自分で髪を切るから見てほしい」という友人がいまして。みんなでその人が髪を切っているのを眺めるっていう謎の会がありました(笑)。 ──「ダブルブッキング」してしまった、されてしまった経験はありますか? 昔、友人とごはんを食べているときに、次の予定を入れていて「次があるから行くね」と言ったら、「俺と飲む日に次の予定を入れるとは何事だ!」と怒られてしまって…。それから1日1件と決めるようになりました(笑)。 ──最後に視聴者の方へのメッセージをお願いします。今やおなじみとなったオンラインの世界ですが、その中で会話を通して徐々に明らかになっていく恋愛関係や人間性を、エンターテインメントとして面白く見ていただける作品です。 ぜひ、気負わずラフに、最後まで楽しんでご覧ください! ■ 佐津川愛美 コメント リモート飲みが身近になったり、誰かと共有することが気軽に出来るようになったからこそのストーリー展開に、最後までノンストップで読み進めてしまいました。 久しぶりの現場での撮影、ありがたくうれしく、画面越しにやりたい放題思いっきりお芝居しております。 コメディ要素満載ですので、呼吸感が大切になってくると思います。リモートゆえ、掴みにくい部分もあるかと思いましたが、信頼できるキャスト陣との掛け合いがなんとも楽しく、不安は初日に全て吹き飛びました。 ドタバタ盛りだくさんな1時間を堪能していただける作品になるのではないかと思います。この作品をこのチームで、みなさまにお届けできることをうれしく思います。 ■ 奈緒 コメント PC前でのお芝居がどんな風にこの作品に溶け込むのか、とてもワクワクしています。 今現場で新しい挑戦ができる幸せを噛みしめたいです。 ■ 小田玲奈(日本テレビ情報・制作局プロデューサー)コメント 緊急事態宣言下の5月中旬。世の中に「リモートドラマ」がたくさん現れた頃、この企画は生まれました。 発案者はバラエティー出身の水野格監督。 日テレの「月曜から夜ふかし」や「世界の果てまでイッテQ!」で、スタジオに出演者がいない分、「テロップ」を画面いっぱいに出す演出で、いつもと同じように(ひょっとしたらいつも以上に)面白い放送になっていたことに感銘を受けた水野監督は、コレをドラマでもやってみたいと考えたのです。 そう、「ダブルブッキング」は「見る」だけじゃない、「読む」ドラマ。 現在、撮影真っ最中です。出演者は常に「PC画面に何と何が出ているか」を確認しながらお芝居するという、今までにない撮り方をしています。 主演の千葉雄大さんはじめ、佐津川愛美さん、奈緒さん、皆さん表現力豊かで小さい画面から溢れ出しそう!3人の呼吸もピッタリ、終始笑えるシーンになっています(まだ一度も直接は会ってないなんて信じられない!)。 「新しいドラマの可能性」を感じる作品になっていますので、どうぞお楽しみに!(ザテレビジョン)

【関連記事】