Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【BMW 5シリーズがマイナーチェンジ】新フロントグリル採用 PHEV版545e追加

配信

AUTOCAR JAPAN

すべての5シリーズがマイルドHVに

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   BMWはアウディA6やメルセデス・ベンツEクラスの刷新に対抗するべく、5シリーズへフェイスリフトを施した。新エンジンやテクノロジーの採用だけでなく、英国の場合、530psを発生するMパフォーマンス、M550iも初導入される。 【写真】新旧を比較 BMW5シリーズ (62枚) V8エンジンを搭載したスーパーサルーン、M5にはハードコアなCSも追加されする。これは2020年末のリリースが予定されている。また394psのプラグイン・ハイブリッド、545eも加わった。 2016年に発表された7代目5シリーズは、先代に続く成功を収めている。世界全体で述べ60万台以上の販売へとつなげた。フェイスリフト版が英国へ上陸するのは7月だ。 注目点としては、5シリーズに搭載される4気筒と6気筒、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのすべてに、マイルド・ハイブリッドが採用されたこと。2019年、520dで初めて導入された、電圧48Vのスターター・ジェネレーターとバッテリーを搭載する。 一時的な11psのエンジンへの加勢だけでなく、燃費向上につながるシステムも盛り込まれている。負荷が小さい時にエンジンを停止するコースティング機能や、減速時のエネルギー回生機能、14km/h以下でのエンジン停止機能などだ。 ガソリンエンジンとしては、英国では4気筒の520iと530iと、6気筒の540iを設定。530iと540iでは標準の後輪駆動だけでなく、オプションの四輪駆動、xドライブも選択が可能。さらにその上に、四輪駆動のM550i xドライブがラインナップされる。 M550iはサルーンボディのみで、4.4LのV8ツインターボエンジンが530psと76.3kg-mを発生。0-100km/h加速の時間は4.0秒とうたわれる。

PHEVの545eと、M5 CSも登場

ディーゼルエンジンは、英国では4気筒の520dと、6気筒の530dと540d xドライブを設定。520dと530dでも、四輪駆動のxドライブを選べる。 ガソリンエンジンとプラグイン・ハイブリッドの組み合わせとなるのが、530e。標準では後輪駆動だが四輪駆動も選べ、サルーンとツーリングが用意される。2.0Lの4気筒ガソリン・ユニットにも改良を受けた。 システム総合での最高出力は251psで、最大トルクは42.7kg-m。エクストラブースト機能を用いれば、一時的に292psにまでパワーアップできる。満充電で最大67kmの距離を電気だけで走行できる点も特徴となる。 新しく加わったのが、プラグイン・ハイブリッドの545e xドライブ。745eと同じ、3.0L 286psの6気筒ガソリンエンジンと、112psの電気モーターが組み合わされる。 システム総合では394psと60.9kg-mを獲得し、0-100km/h加速の時間は4.7秒。最高速度は249km/hでリミッター制御される。燃費はWLTP値で41.6km/Lから47.6km/Lとなり、CO2の排出量は49g/kmから54g/kmになるという。 トランクに搭載されるリチウムイオン・バッテリーの電力とモーターだけで、545eは最大56kmの距離を走行可能。速度は140km/hまで出せる。 アップデートを受けたM5も、2020年後半に登場する。エアロダイナミクスを見直したM5 CSも追加予定。M3 CSやM4 CSに似たリアウイングをまとうほか、軽量なカーボンファイバ製パーツも盛り込まれるようだ。 まだスペックは明らかではないものの、M5 CSは4.4L V8ツインターボエンジンを積むM5コンペティションより強力になる模様。つまり、624psを超えてくる。

【関連記事】