Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現職の神戸市議が“ネトウヨ宣言” 保守や右派は古い定義に? ひろゆき氏らと議論

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 「私はネトウヨです。ネトウヨであることに誇りを持っています」  先月、Twitterで堂々と“ネトウヨ宣言”したのは、岡田ゆうじ神戸市会議員。国会議員の政策担当秘書を経て、2017年に神戸市議に当選した現職の自民党議員だ。そのような身分もありながら、なぜわざわざネトウヨを表明したのか。 【映像】「ネトウヨ」めぐり岡田市議vsひろゆき氏  「今ネット上では、ネトウヨがある種の差別用語というか、禁句のようなものになっている。『あいつはネトウヨだ』『そんなネトウヨに発言権はない』とレッテル貼りをして差別をするのは一体どうなのかな、という問題意識が昔からあった。ちょっと考え方が保守的な普通の人も含めてネトウヨと言われている。政治家として宣言したいと思ったものだから、いわゆる“ネトウヨ宣言”をさせていただいている」  ネトウヨは普通の人と変わりないと訴える岡田議員。さらに同じツイートでは「私は別に右でも左でもないし、保守派を自称する気もありません。ただのネトウヨです」と続けた。右寄りでも保守でもない、ただのネトウヨとは。

 一般的なネット右翼(通称:ネトウヨ)といえば、「旭日旗の拡散は韓国を刺激するからやめようなどという輩に限って日本人ではない」「与党批判しかしない野党や左派メディアは今の日本に必要か?」などの激しい言葉で、韓国・中国や政権を批判するメディアなどにとにかく噛みつきまくるというイメージだ。去年番組が取材したネトウヨ的発言を繰り返す男性も、韓国を中傷する投稿や記事を毎日50以上、五月雨式にリツイート。そこにはためらいも後ろめたさもなかった。  与党支持のネトウヨたちは、長期政権下で存在感を増し、増殖したとも言われる。これまでのネトウヨ観はひっくり返ることになるのか。9日の『ABEMA Prime』は、岡田議員を交え言葉の定義や存在意義について議論した。

■“保守”や“右派”ではないネトウヨとは

 “右でも保守でもないただのネトウヨ“とはどういうことなのか。ツイートの経緯について岡田議員は「実は元ネタがあり、“私はネトウヨとか保守議員とか言われて引っかかっていたんだけど、私は右でもないし保守でもない。当然左でもない。ただの愛国者だ。特定の思想は持っていない。すべて自分で考えての是々非々だ”というツイートを自民党の小野田紀美参議院議員がしていた。私たちの世代は自民党と社会党の保革対立の時代を終えて、どちらかというと右左といったイデオロギーの観念が弱いものだから、どうしてもネット上の対立は先鋭化して見える。だけれど、“私たちだってSNSで自由に発言したい”という思いをうたった時に、右でも左でもないというのが非常にいいフレーズで、私の考えにぴったり合う言葉だと思って使った次第だ」と説明する。

【関連記事】