Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“やすきよコンビ”が田舎町をぶらり!思い出話で西川きよしの涙ポロリ…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

西川きよしと石田靖がノープランで田舎の町を散策する「やすしきよしの夏休み2020」(夜4:00~5:30、カンテレ)が、9月6日(日)に放送される。2001年に始まり、毎年“やすきよ”コンビで全国各地を旅してきた同番組は今年で20回目を迎える。今回2人はキャンピングカーで京都府丹後半島から海沿いの町を巡り、グルメや雄大な自然を満喫していく。 【写真を見る】西川きよし&石田靖、ウェットスーツを身にまとい海女漁を体験! ■ 西川きよし、昔を思い出し涙…! 最初に訪れたのは、伊根町北部の漁港。 伊根の海の魅力にとりつかれ、移住してきたという男性に出会う。 芸人のさや香が合流し、男性の案内で一行はシーカヤックに乗って「青の洞窟」を目指していく。 続いて、京都府でただ一人海女さんをしているという女性の元へ向かい、 西川と石田も海女漁を体験。宮津で立ち寄ったお店では、店主がコレクションしていたという西川きよし&横山やすしの伝説の漫才レコードが登場し、当時のことを思い返したきよしの目に涙が浮かぶ場面もあった。 その後、ウエイトリフティングにも挑戦し、最後は話題のグランピングスポットでバーベキューをしながら、この20年を振り返る。 ■ 西川きよし、石田靖の収録後の感想 収録を終えた2人に感想を聞いてみると、西川は「今回は青の洞窟といい、海女さん体験といい、素晴らしかったです。この番組は、夏休みにおじいちゃんおばあちゃんのいる田舎に帰ったような気持ちになれるので、本当に1年が待ち遠しいです」と語った。 石田は「20年一緒に番組をやらせてもらって、きよし師匠はぶれてないというか、軸が変わってないんです。いつも旅の途中で一緒にお風呂に入ったときに、きよし師匠と深い話をさせてもらったりしています。芸人として持ってないとあかん部分や強さを持ち続けている方だと思います」と西川を称賛。 さらに石田は「きよし師匠が受け止めてくれたから、最初からツッコむことができたんです。でもそれが皆さんからおもろいと言っていただけた」と話すと、西川は「だから20年続いたんちゃうかな」と、番組が長く続く秘訣を振り返った。 西川が「元気な限りは続けさせてもらいたいですね」と話すと、石田も「まだ皆さんが見たいと思っていただける間は続けたい」と今後の展望を語った。 (ザテレビジョン)

【関連記事】