Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いま、大学1年生が感じている辛さがわかる漫画があります。描かれた4ページの中身

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

「私は大学一年生。春から東京の美大に進学…したけれど」新型コロナウイルスの影響により、オンラインで大学生活を送ることになった新入生が描いた漫画が、大きな話題を呼んでいます。期待していた生活とのギャップ、落胆、オンラインでの孤独、悲しみ、やるせなさ…。描き手の複雑な思いを感じ取ることができる漫画を、まずはご覧ください。【BuzzFeed Japan / 高津戸璃歩】

期待していた大学生活とは異なって…

淡々と経っていった月日。

「相談できる友達や先輩もいない」

「オンラインでは学べないことがたくさんあるのに」

漫画を描いたのは、大学1年生のmaki(@D6Hy1q0FQJuxtPO)さんです。1コマ目にもあるように、2020年の春から東京の美術大学に進学しました。 makiさんは、「大学生の現状を少しでも多くの人に知ってほしい」という思いで、Twitterに投稿しました。 「今、この状況で、精神的にも追い詰められている大学生が増えてきています」

makiさんはどのような大学生活を送っているのか?

makiさんが受けているオンライン授業には、事前撮影された講義の映像を視聴するオンデマンド型や、決められた時間に講義が始まり教授とやりとりできる同時双方向型など、さまざまなやり方があります。 授業によっては、ワンクリックするだけで出席がカウントされるものもあるといいます。 しかし、本来行われる予定だった実技科目については、まったく授業がありません。 makiさんは、春から始まるはずだった大学生活に期待していたことと、現在の大学生活にギャップを感じているといいます。 「勉強したかったことができていない、大学の素晴らしい施設が使えない、個性と才能に溢れているであろう同級生や先輩と交流できない…など、期待していたものは数えきれません」

オンラインでの繋がりに不安

さらに、1年生だからこど「友達や先輩を知らないため、誰にも相談できない」という苦労があると話します。 「SNSだけでの繋がりでは、やはり不安なものがあります。 先生に質問してもすぐに返ってくるわけではないですし、対面授業に比べると、不自由な部分があると思います」 オンライン授業のメリットについては、makiさんは現在1年生であり、キャンパスに通う大学生活との比較ができないため、わからないということでした。

【関連記事】