Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サッカー選手の夢破れ大学生で起業 29歳社長“捨て身作戦”

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【ビジネスの発想を学べ!】  シニアジョブ 中島康恵社長 (前編)  人生100年時代といわれ、何歳になっても働ける環境は、国も労働者も求めている。しかし、シニアの就職環境は決して良くないのが現実だ。法律上〈年齢の壁〉は撤廃されたが“のみ込みが悪そう”“プライドが高そう”など、目に見えない壁がまだまだ存在するからだ。  そのため、シニア人材サービス事業は手間や時間などのコストがかかり、割に合わないといわれる。その中で創業以来成約数が右肩上がり、売り上げも前年比最高300%を記録するなど、驚異的な成長を遂げている企業がある。その名も「シニアジョブ」。  社長の中島康恵さんは“弱冠”29歳。シニア専門の人材サービス業を始めたのは5年前の25歳の時だ。それも、最初は巣鴨や三軒茶屋で片っ端からヒマそうな老人に声をかけたというのだから、奇抜というか無鉄砲だ。大学出たての“若者”が、なぜシニアの就活をビジネスにしようと思ったのか――。 ■巣鴨や三軒茶屋で片っ端から老人に声をかける  茨城県ひたちなか市生まれ。学生時代までサッカー一筋に打ち込んだ。小6から中3まで柏レイソルのユースに所属。高校時代は地元の水戸商業サッカー部で攻守の要であるMF(ミッドフィールダー)として活躍。3年時にはインターハイにも出場した。そしてサッカー推薦で強豪の国士舘大学に入学。サッカーのエリート街道を進んでいるように見えたが……。 「こんなにかなわないかと。周りがうますぎて、自分は絶対にプロになれないと悟りました」  人生初めての挫折。大学1年の夏に自主退部した。小さい頃からの〈プロサッカー選手になる〉という夢はもろくも崩れ去った。残りの大学生活はまさに抜け殻。就職活動はしたものの、全く気が乗らない。 「ずっと夢を追いかけてきたので、それがないと全然燃えないんです。じゃあ次はどんな夢を追いかけるか? 思いついたのが会社を立ち上げることでした」  当時は大学生起業がブーム。〈就職するより起業したほうが格好いい〉という雰囲気がキャンパス内にあったという。しかし、会社をつくるには金がかかる。当然ただの大学生に金を貸してくれる銀行などない。友人からも資金を集めたが微々たるもの。あとは「エンゼル」(出資してくれる個人投資家)を見つけるほかない。そこで中島さんが考えたのが、名付けて「就職活動便乗作戦」だ。 「大学生がお金持ちの社長と会えるのは就活の場だけ。最終面接まで行って、直接出資をお願いすれば、なんとかなるかもと考えたんです」

【関連記事】