Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

SNSの情報って何がホントなの?正しい情報とデマを見分ける6つのコツ

配信

CanCam.jp

新型コロナウイルスという見えない敵を相手に、不安な日々が続いています。病院にも気軽に行きづらく、誰に相談していいのかも分からないような状況で、多くの人がチェックしているのがSNSなどで見られる、ネットの情報だと思います。 お肉食べたい!ダイエット中に食べるべき低カロリーなお肉ランキング SNS上の情報はだれでも簡単に大量の情報を手に入れることができる一方で、デマ情報や、必要以上に私たちの負の感情を煽る情報が氾濫していたりと、諸刃の剣でもあります。 こうした状況下で、私たちはどのように手に入れた情報を対処し、SNSなどの環境とうまく付き合っていけばよいのでしょうか。 情報学・プロファイル分析を専門とする、摂南大学の針尾大嗣先生に6つの質問に回答していただきました。

Q1. 「デマ」によくある特徴は何ですか?

A1.「強調表現、不安を煽る表現や急がせる表現」「生命や金銭に関わる内容」が多いです。 デマ情報によくある特徴としては、警視庁のウェブサイトにまとめられているように、下記の5つが挙げられます。 ・強調・不安を煽る表現や急がせる表現が多い ・生命や金銭に関わる内容 ・情報源が記載されていない ・「らしい」「みたい」などの伝聞形式で書かれている ・拡散を勧めている コロナ禍のデマ情報に関して言えば、このうち「強調表現、不安を煽る表現や急がせる表現が多い」「生命や金銭に関わる内容」が多く見られるのが特徴です。 一方で、「情報源が記載されていない」については、必ずしも当てはまっているとは限りません。SNS上で流れているコロナに関わる情報のなかには、有識者や著名人がブログなどで発信している内容を引用・転用しているものが少なくありません。問題は、有識者らが発信する情報のなかにも、十分な検証が行われていないものや政治的な意図のようなものなど、不確かな情報が含まれているということです。そうした情報がデマ情報化していったというケースが見受けられます。 参照:警視庁ホームページ

Q2.「SNSのデマ」に騙されない・惑わされないコツは?

A2.「人は見たいものを見ようとする」ことを理解しておく。 目にした情報について、瞬間的に何かしらの意味や解釈を加えるのではなく、まずは自分が持っている先入観、置かれている状況、こころの状態などを客観視し、落ち着きをもって情報と向き合うよう習慣づけておくことが必要だと思います。 「見る人によってアヒルにもウサギにも見える」仕掛けの、有名な騙し絵があります。両方の動物を知っている人ならばどちらに見ることもできますが、生まれてから一度もアヒルという動物を見たことがない人には、ウサギにしか見えません。自分がよく知っているウサギという動物の像(型)に、その絵を当てはめてウサギとして見ようとするのです。その逆もしかりです。 それと同じようなことが、あらゆる情報にも言えます。 もとは同じ情報でも、見る人によって捉えられ方が異なるのは、「人が事前に持っている知識や経験による先入観が、その情報にそれぞれ異なる意味や解釈を加えるから」です。置かれている状況やこころの状態も同様です。たとえば、メールで送られてきた「お願いしますね」という一言のメッセージも、その相手に好感を持っている状況であれば、それを好意と捉えます。でも、相手や状況によっては悪意と捉えることもあります。 つまり人は、目にしたものを見るのではなく、見たいものを見ようとするのです。 悪意を持ってデマ情報を流す者は、そういう心理をついてデマ情報を流します。情報を扱う人間の心理傾向を理解しておくことが、デマ情報に騙されない・惑わされないためのひとつのコツと言えるかと思います。

【関連記事】