Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「桜を見る会」来年以降中止…菅首相、就任会見で明言

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 自民党の菅義偉総裁(71)は16日、衆参両院本会議での首相指名選挙で第99代首相に選出された。首相交代は2012年以来、7年8か月ぶり。皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て自公連立の菅内閣が発足した。  菅氏はこの日午後に皇居・宮殿の「松の間」で行われた首相任命式に臨んだ後、午後9時から就任会見を行った。  冒頭では、「この国の未来を最優先に重要課題に取り組んでいきたい」と意気込みを見せ、約16分をかけて政策について説明。安倍晋三前首相が病気を理由に辞任したことにも触れ「無念の思いを推察致しますが、国難にあたり空白は許されない。全ての国民が安心した生活を取り戻せるように、(安倍政権を)しっかりと継承して前に進めていくことが私に課せられた使命と認識しています」と話した。  一方で、安倍政権の「負の側面」について問われると「おかしいところは直していかないといけない。皆様の声に謙虚に耳を傾けながら取り組んでいきたい」と言及。安倍氏が私物化していると問題視された「桜を見る会」について、「来年以降は中止したいと考えております」と明言した。

報知新聞社

【関連記事】