Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

李登輝葬儀、政府代表なぜ派遣せぬ、日本版「旅行法」で非難排せ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Wedge

 台湾の李登輝元総統の死去に対する日本政府の反応は、やや冷淡に映った。  葬儀への特使派遣の考えはさらさらなく、安倍首相のお悔やみのコメントも紋切り型の内容だった。中国への配慮が必要というのは理解できるが、李登輝氏が日台関係に残した足跡の大きさ、台湾の存在の重要性を考えると残念と感じる向きもあろう。  中国の顔色をうかがうことにうんざりし続けている国民は少なくない。この機会に、米国の「台湾旅行法」にならって法を整備、政府高官の往来を自由にするのも一法ではないか。台湾への“不義理”も解消され、双方の関係はいっそう拡大、東アジアの安全保障にも寄与するだろう。

深みに欠ける弔辞

 李登輝総統死去翌日の7月31日、安倍首相は官邸で記者団の質問に答え、お悔やみの言葉を述べた。  「日台の友好増進に多大な貢献、日本に特別な思いで接してこられた」「台湾に自由と民主主義、人権、普遍的な価値を(もたらした)」など故総統の功績に言及、「多くの日本国民が格別な親しみを持っていた」とその死を悼んだ。  それなりに慇懃ではあるが、型通りの印象はぬぐえない。「22歳まで日本人だった」が口癖の親日家、靖国神社にも詣でた東アジアの大政治家の死を悼むなら、もう少しものの言いようもあったろう。個人的な思い出、故総統に関する知られざるエピソードなど、さすが日本国総理大臣と、聞く人をホロリとさせ、また厳粛な気分にさせる深みのある言葉を聞きたかった国民は少なくあるまい。  同じ日の定例会見で、野党時代に訪台した際に故総統と会談した印象を語った菅官房長官のほうがまだしも血が通っていたといえよう。  しかし、その官房長官にしてから、葬儀への対応については「政府関係者の派遣は予定しておりません」とにべもないのだから失望したむきもあるだろう。葬儀の日程すら決まっていないにもかかわらず、早々と対応を決めてしまっているというのはどういうことだろう。「まだ何とも・・」と言葉を濁すなり、これまた返答のしようがあったのではないか。

【関連記事】

最終更新:
Wedge