Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍の米・巨大スーパーを救ったのは「デジタル投資」…日本はどうなる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

こんにちは。パロアルトインサイトCEO・AIビジネスデザイナーの石角友愛です。今回はコロナ禍でも業績が伸びている小売業界について、そのオンライン戦略に関して書きたいと思います。 【全画像をみる】コロナ禍の米・巨大スーパーを救ったのは「デジタル投資」…日本はどうなる? これはNYTで半年ほど前に出た「アメリカ人の消費がコロナウイルスの影響でどう変わったか」という記事ですが、相対的な流れは現在と変わっていないと思います。スーパーマーケットやECサイト、DIYなどのホームリノベーションに関する業界は業績が伸びています。

大手小売りがコロナ後も業績好調の理由

中でも私が注目しているのは「ビッグ・ボックス・リテーラー」と呼ばれる大手小売です。アメリカの2020年第2四半期の小売消費の約30%は、Walmart, Amazon, Target, Costco, Lowe's, Home Depot の5社によるものでした。コロナ下で大手小売が飛躍しているのが分かります。 小さいチェーンなどがビジネス閉鎖に追い込まれる中、消費先が大手に流れているという背景も挙げられますが、その需要増をマネタイズすることができる準備が整っていたかどうかが、コロナよりずっと前から取り組んでいたデジタルトランスフォメーションとITインフラの構築が勝敗を分けたと言えます。 WSJの8月末の報道によると、Walmartの今期のEC事業は前年比で97%増え、Lowe’sのEC事業の売り上げは前年比で135%、TargetのEC事業の売り上げは前年比で195%でした。 その売り上げに大きく貢献しているのが、オンラインで購入して店舗にピックアップしに行く「カーブサイドピックアップ」、そしてアマゾンプライムのような「サブスクサービス」が挙げられます。 例えば、Walmartはあまりにもカーブサイドピックアップが好調のため、今年2月からカーブサイドピックアップ専用駐車場の敷地を30%増加したということです。

「カーブサイドピックアップ」流行から学べること

カーブサイドピックアップはコロナより数年前から大手小売が実施していた取り組みで、オンラインで購入して一番近い店舗まで取りに行く、というオムニチャネル型の購入モデルです。 詳細はサービスにより異なりますが、多くの場合店舗入り口に一番近い場所にピックアップ専用駐車場が設けられており、そこに駐車してテキストメッセージを指定の番号に送ると、店員さんが車まで荷物を運んできてくれます。そして、車のトランクに全て積んでくれるケースが多いです。

【関連記事】