Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

爆沈した船の名前さえ知らない 徴用工とは何か(3)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 大型船が湾内にゆっくりと入ってきた。敗戦から9日後の1945年8月24日、午後5時過ぎの京都・舞鶴湾。予兆はない。  突然、湾内に「ドカーン」という大音響が響き渡った。船は中央が盛り上がって「へ」の字になり、次に「V」の形になって、前へ進みながら沈んでいった。たくさんの人がこぼれ落ちるように、船から海中に落ちていく―。(47NEWS編集部、共同通信編集委員佐々木央)  死者は500人以上とされる。「以上とされる」と書くしかないのは、正確な数が分からないからだ。日本の海難史上、最悪とされる1954年の洞爺丸事故が死者1155人。それに次ぐ規模なのに、国は死者の数さえ把握していない。また、不思議なことに、当時すべての新聞がこの爆発・沈没について沈黙した。  船名「浮島丸(うきしままる)」4730トン。もともとは民間の貨客船だったが、海軍に徴用され輸送船として使われていた。戦争は民間船にまで、徴用から爆沈へと、受け入れがたい運命を与えたのだ。

 ■港に響く「マンセイ!」の大合唱  浮島丸がこのとき、運んでいたのは何か。  浮島丸はその2日前、8月22日の夜、青森県下北半島の大湊港から出航した。大湊は陸奥湾に面した良港である。出航前の光景を「下北の地域文化研究所」所長だった斎藤作治が、元海軍飛行予科練習生・赤田年巳から聞き取り、次のように記録している。  ―赤田さんが浮島丸に乗って釜山港に帰ろうとしていた朝鮮人を見たのは終戦から間もなくの日、潜水艦基地からでした。大湊海軍施設部の朝鮮人労務者の宿舎が潜水艦基地から近い宇曽利川(うそりがわ)にあったが、赤田さんが見たのはおそらくその人たちであったと思われます―(1994年8月、地域誌「はまなす」創刊号))  斎藤はそう説明した後、赤田の証言をそのまま採録する。  「黒に近い濃紺の作業服を着た朝鮮人が大勢トラックに立ったまま乗っていました。2台や3台ではなかったと思います。そうだ。同じ色の帽子もかぶっていました。潜水艦基地には軍艦が1隻係留されていたので、おそらくここを自分たちが出航する菊池桟橋と勘違いしたのでしょう。こちらに向かって<マンセイ! マンセイ!>と大合唱が始まりました。ものすごい迫力でしたね」(同)

【関連記事】

最終更新:
47NEWS