Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新幹線長崎ルート>並行在来線充実、JR九州に要望 フル規格促進議員の会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
佐賀新聞

 佐賀県フル規格促進議員の会(会長・平原嘉徳佐賀市議)は3日、福岡市のJR九州本社を訪れ、九州新幹線長崎ルートの全線開業後も並行在来線の経営を継続するように要望した。長崎線の在来線の維持と充実を図り、利便性が低下しないように求めた。  要望書では、長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)をフル規格で整備する場合、並行在来線になる長崎線について、利便性が損なわれる懸念が佐賀県民の中にあると指摘した。その上で、特急の存続や、福岡都市圏への快速列車の運行を求めた。松浦鉄道の武雄温泉駅への乗り入れや、佐賀、長崎両県の農水産物を運ぶ「貨物新幹線」の実現なども申し入れた。  平原会長がJR九州の青柳俊彦社長に要望書を手渡した。議員の会は、未着工区間をフル規格で整備することを求める議員有志らで構成し、最高顧問の今村雅弘衆院議員(比例九州、鹿島市)や相談役の中野吉實JA全農顧問も参加した。  平原会長は非公開の面談後、記者団に「青柳社長から『夢を語り、共にやっていこう』と言われた。全項目を前向きに検討する姿勢を見せてもらえた」と述べた。

【関連記事】