Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香川照之“常務”、カメラ目線のし過ぎで「監督に注意されました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月8日、「MARUCHAN QTTA商品リニューアル&新CM記者発表会」が、東京・ベルサール渋谷ガーデンで行われ、俳優の香川照之が登壇した。 【写真を見る】麺を食べながらもカメラ目線はバッチリキープ! 「QTTA(クッタ)」の新CMに出演する香川は「3パターン、それぞれ短いバージョン(15秒)と長いバージョン(30秒)があったんですけど、全てにしっかりとセリフが決まっておりまして、ディレクターさんのこだわりにクライアントさんのこだわりも反映されていたんでしょう。助詞とか助動詞とかが6パターン全部違うんです。すごいやる気を感じました。 少しずつセリフが違っていて、しかもスタンドアップショーみたいにしていただきたいということでしたので、カメラを4台同時に回して、ほぼ1カットで撮るというのを6パターンやりました」と撮影時を振り返った。 「6パターン違うセリフを覚えるのはなかなか大変なことでございまして、その時、歌舞伎座に出ながら『半沢直樹』のセリフを覚えつつ、『MARUCHAN QTTA』のCMのセリフを覚えるということをやって1日が終わっていくという感じでした(笑)」とセリフに苦戦したことを告白。 セリフがしっかりと決まっていたというだけあって、アドリブを挟む余地もほとんどなかったという。 「実際にはお客さんはいなかったんですが、目の前に観客がいて、その人たちに訴えかけるという内容で、4台のカメラがいましたが、カメラ目線が大好きでございますので、すぐにカメラ目線してしまうんですね(笑)。それを監督に注意されました。 でも、『あえて、ここはカメラ目線でしょう』とか、カップ麺を手にする動作で片手で撮ってしまうとお湯が入ってないように見えてしまうので『そこは静々とした動作で撮りますか?』という提案はしました」と、“カメラ目線”へのこだわりを熱弁。 今回リニューアルされるのは「コクしょうゆ味」「シーフード味」「トマトクリーム味」「サワークリームオニオン味」の4種類。この中で特にお気に入りは?と聞かれると「意外にも、サワークリームオニオン味なんです」と答え、「サワークリームっていうと洋風なネーミングで“ボストンクラムチャウダー”みたいなイメージに直結するんですが、そうではなくて、和風な着地をしていて、かつ、洋風のフレーバーがあって非常に面白かったです」と理由を話した。 「そんな話をしていたら食べたくなります。用意してもらってるんでしょう? カモン!」と、CMのセリフを使うと、「コクしょうゆ味」を持ってスタッフがステージに登場。 「コクしょうゆ味の特徴は2口目からもパンチが全然落ちないんです。終盤になってもパンチ力が落ちない山中慎介選手(元プロボクサー)みたいな感じ」と特徴を語ってから実食。 「食べる時もカメラ目線は外せないんですよね。上手から下手に(目線が)行きますよ!」と報道陣に目線のサービス。「うん、おいしい!」と満足そうな表情を見せた。 続いて、辞令式が行われ、「QTTA戦略担当常務」に任命されると、「常務でございます!あっち(ドラマ『半沢直樹』)ではなかなか常務に返り咲けないので」とドヤ顔。 「商品がたくさん売れてくれることがゴールでございますので、一つでも多くの商品が、そして一人でも多くの方に『MARUCHAN QTTA』を食べていただくために尽力していく所存でございます」と常務就任の意気込みを語った。 香川出演の「MARUCHAN QTTA」新CMは9月14日(月)より全国放映開始。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=田中隆信)

【関連記事】