Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英雄アラン・シアラー、ニューカッスル移籍当時の秘話を明かす

配信

footballista

文 田島 大  プレミアリーグ歴代最多得点記録を持つ元イングランド代表FWアラン・シアラーが、マンチェスター・ユナイテッドに移籍しかけたエピソードを英国『BBC』の番組内で明かした。

キーガン、ファーガソンと同日に面談

 シアラーはサウサンプトンでプロキャリアをスタートさせた後、1992年から4年間ブラックバーンで活躍し、1994-95シーズンには34ゴールを挙げて得点王に輝き同クラブをプレミアリーグ初制覇に導いた。  そして1996年に生まれ故郷のクラブであるニューカッスルに引き抜かれたのだが、その際に名将サー・アレックス・ファーガソン率いるマンチェスター・ユナイテッドからもオファーを受けていた。  なぜニューカッスルを選んだのか。シアラーはその時のエピソードを、番組内で司会のギャリー・リネカーに語った。実はシアラーは、ニューカッスルのケビン・キーガン監督(当時)、そしてマンチェスターUを率いていたファーガソン監督と「同じ日」に面談したという。  「同じ日にキーガン、そしてサー・アレックスと会ったのさ。(代表でチームメイトだった)デイビッド・プラットの義理の母の自宅でね」とシアラーは当時を振り返った。「午前中にキーガンと会い、非常に有益な話し合いを持てた。そしてニューカッスルの関係者が去った後、サー・アレックス御一行が来たのさ」  ファーガソン監督は真っ先に、誰と最初に会ったかを確認したという。シアラーが既にニューカッスル陣営と会ったことを明かすと、ファーガソンは「我々にはチャンスがないということだね」と肩を落としたという。それでも話し合いはとても良い雰囲気で進み、シアラーもユナイテッドに心を引かれたそうだ。  その中で、シアラーはある条件を確認したという。「PKを蹴らせてもらえますか?」と質問すると、サー・アレックスは「それはエリック(カントナ)の担当だからね」と答えたという。それでもシアラーが「分かっていますが、僕に任せてもらえますか?」と再度確認すると、それは無理だと言わんばかりの冷たい視線を送られたという。

【関連記事】