Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<高校野球>埼玉大会・北部の見どころ 上尾や正智深谷など混戦模様 熊谷工、熊谷商、松山など台風の目か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
埼玉新聞

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった第102回全国高校野球選手権大会と同埼玉大会の代替大会となる夏季埼玉県高校野球大会は8日、東西南北の4地区に計148チーム(160校)が参加して開幕する。 <高校野球>埼玉県大会の組み合わせ 花咲徳栄は2回戦から  優勝争いは、昨夏の埼玉大会で5連覇を達成し、大会期間中に甲子園で行われる交流試合に出場する東部地区の花咲徳栄が中心。ただ、同地区の春日部共栄や昌平、南部地区の浦和学院と埼玉栄、西部地区の聖望学園、北部地区の上尾や正智深谷なども実力を備えており、花咲徳栄が絶対的優位とは言えない。花咲徳栄の“夏の6連覇”を阻むチームが出てくるのか、王者が貫禄を示すのか。熱戦の行方を4地区に分けて探った。 ■上尾、正智を軸に混戦/北部  北部地区は、4地区で最も混戦模様だ。上尾や正智深谷をはじめ、どこが勝ち上がってきてもおかしくないだろう。  上尾は一発がある秋葉と金子、出塁率が高い佐藤と勝負強さを持つ田中涼ら、切れ目のない打線で勝機を広げる。投手陣は安定感が持ち味のエース右腕堀を筆頭に倉持、岩崎、田中優、富沢の5投手を総動員し、最少失点にしのぐ。順当に勝ち進めば、正智深谷と顔を合わせる3回戦が大きなヤマになりそうだ。  正智深谷は、1年次から背番号1を付ける右腕北田が勝負の鍵を握る。最速140キロの伸びのある直球とスプリットを武器に、凡打の山を築く。打線も田渕、萩原らを軸にそつなく得点する。  このほか熊谷工、本庄第一、熊谷商、松山、東農大三、鴻巣なども力があり、台風の目になり得る。

【関連記事】