Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アニメ「魔王城でおやすみ」諏訪部順一、佐倉綾音ら10人のキャスト解禁

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コミックナタリー

熊之股鍵次原作によるTVアニメ「魔王城でおやすみ」の追加キャストが発表された。 新たに出演が明かされたのは10人。レッドシベリアン・改役は小林親弘、やしき手下ゴブリン役は高橋伸也、ミノタウロス役は山根雅史、フランケンゾンビ役・おばけふろしき役は相馬康一、ネオ=アルラウネ役は大原さやか、かえんどくりゅう役は黒田崇矢、ポセイドン役は大塚剛央、ハーピィ役は大橋彩香、シザーマジシャン役は諏訪部順一、アラージフ役は佐倉綾音が演じる。10人からは出演にあたりコメントが到着。また12キャラクターのビジュアルも公開された。 【動画】TVアニメ「魔王城でおやすみ」第1弾PV(メディアギャラリー他43件) 週刊少年サンデー(小学館)で連載中の「魔王城でおやすみ」は魔王に囚われた人間のスヤリス姫が、よりよい安眠を求めて城内を徘徊するファンタジーコメディ。アニメは10月よりテレビ東京、BSテレ東、AT-Xで放送が予定されている。 小林親弘(レッドシベリアン・改役)コメント 作品の印象グルメを扱った作品は沢山あると思うのですが、睡眠を扱った作品を自分は初めてみました...。 どこまでも貪欲で、時に命をかけてより良い眠りを求め続ける姫の姿勢はちょっとカッコイイです。 そして魔王さまをはじめ、出てくるモンスター達の愛くるしさがたまりません。 出てくるキャラクター達みんなが愛おしくなりました。 演じるキャラクターの印象と意気込みレッドシベリアン・改はみんなのお母さんみたい存在なんですかね。 自作の魔王城法典を片手に「あんた宿題やったの!そんなことしちゃだめじゃないの!」と言わんばかりにいつも城中を注意して回っている印象です(笑) 厳格さとモフモフ感が出るようにがんばりました。 高橋伸也(やしき手下ゴブリン役)コメント 作品の印象姫強い!モンスター達面白い!序盤におばけふろしきが真っ二つにされたのが衝撃的でした。ぐべろば(笑)姫の容赦ない攻撃が清々しくて、毎回おばけふろしきが出てくる度にドキドキしています。 演じるキャラクターの印象と意気込み今まで数々のゴブリンを演じてきましたが、ついに言葉を喋れる優しいゴブリンに出会えました(笑)嬉しいです!現場では毎回楽しく、はりとげマジロ、ミノタウロス、フランケンゾンビと共に息を合わせて姫にツッコミを入れています。バッチリ揃うと気持ちいいです! 山根雅史(ミノタウロス役)コメント 作品の印象さらわれた姫のスペック一つで、こうも魔王サイドの思惑は外れていくのかと...。 たった一人の人質によって魔王城全体が振り回される展開は、実際のRPGでもあったらとても愉快で面白そうだなぁと思いました(笑) あ、あと、この作品を読んでいると、気付いたら自分の睡眠を見つめ直していることが増えました!(笑) 演じるキャラクターの印象と意気込みミノタウロスも例に漏れず振り回されます!むしろ、はりとげマジロ達と共に第一線で振り回されてると言っても過言ではないかもしれません!(笑) 彼はクセの強い魔物達の中ではかなり常識的で、その分気苦労も多い魔物なんだろうなぁという印象...。 なので素直に!全力で!振り回されます!! 相馬康一(フランケンゾンビ役)コメント 作品の印象魔王に囚われたお姫様の獄中生活!な、はずなんです… 毎回、あらゆる手段を講じて安眠を求めるスヤリス姫の、文字通り「命をかけた」行動に思わず笑ってしまい、見ている側は、寝るに寝れません(笑) 演じるキャラクターの印象と意気込みボーっとしてて、何も考えてないように見えるフランケンゾンビですが、時々、鋭いツッコミを入れていたりと、姫に振り回される面々の中でも実は一番冷静なんじゃないかと思っています。 ネオ=アルラウネ役・大原さやか 作品の印象コミカルでシュールでテンポ感があって。なにより登場するキャラクターが、姫を筆頭に男女・人間人外問わずみんな可愛いくてたまりません♪ 演じるキャラクターの印象と意気込み植物系女魔族であるアルラウネさん。本来ならば人間を誘惑する怖いモンスターである筈が、姫の前では心配性の優しいお姉さんでしかないのが何ともチャーミングです。 黒田崇矢(かえんどくりゅう役)コメント 作品の印象明るく楽しく、無条件に楽しめる作品です。 コロナの影響で、演者全体の芝居を観れていないので私もみんながどんな芝居をしているのかオンエアーを楽しみにしています。 演じるキャラクターの印象と意気込み「かえんどくりゅう」は、強そうなんだけど、おっちょこちょいで少年っぽさもある感じなので、一色にならない様、いろいろな面を出せたらいいなと思いながら演じています。 大塚剛央(ポセイドン役)コメント 作品の印象人質であるはずの姫に毎度色々な方法で振り回されまくる魔物たち、というパワーバランスのおかしい構図、しかもそれが安眠のためというのが面白すぎます。 次はどの魔物がどんな風に姫の暴走に巻き込まれるんだろう、と毎回ワクワクしています。みんな奮闘する方向がズレていて、とにかく笑えます! 演じるキャラクターの印象と意気込みポセイドンというと、立派なお髭をたくわえたいかつい神様のイメージがありますが、この作品では子供です。そして精神年齢も幼くて生意気です。 だからこそ、姫とバチバチにやり合えるポテンシャルも持っているキャラクターなので、そこをしっかりと表現できればと思います。 大橋彩香(ハーピィ役)コメント 作品の印象囚われの身であるはずの姫に誰も逆らえなくて翻弄されていくのが、とっても可愛いです笑 悪い人も全然いないですし!!わたしは寝るのが好きですが睡眠の質にはこだわらないので、少し考えた方がいいかなと思いました。 演じるキャラクターの印象と意気込みハーピィちゃんは…おバカです!!!!笑 ディレクションでも、とにかくおバカでふわふわした感じでと言われました。自分がもふもふがゆえに、姫に振り回されまくっているところがホロりときますが……うん、物凄くかわいいです。笑 がんばれ!!ハーピィ!! 諏訪部順一(シザーマジシャン役)コメント 作品の印象人質のはずが周りを振り回し、睡眠の質の向上に勤しむお姫様。可愛らしく、そしてコミカル。とても面白い作品だと思いました。 演じるキャラクターの印象と意気込み不思議な立ち位置のキャラクターですね。上手に「あんら~」出来るよう頑張りたいと思います。 佐倉綾音(アラージフ役)コメント 作品の印象とにかくスヤリス姫が可愛くて、そしてスヤリス姫に振り回される周りの方々も可愛いです。 あと、個人的に睡眠に対しての執着は共感できるところがたくさんあるので楽しいです。 演じるキャラクターの印象と意気込みアラージフも周りの方々と同じく、スヤリス姫に振り回される可哀想可愛い子でした。テンポ良く進む展開に追い付けるよう、頑張って演じました。 TVアニメ「魔王城でおやすみ」 テレビ東京、BSテレ東、AT-Xで2020年10月より放送予定 スタッフ 原作:熊之股鍵次(小学館「週刊少年サンデー」連載中) 監督:山崎みつえ シリーズ構成:中村能子 キャラクターデザイン:菊池愛 音楽:橋本由香利 アニメーション制作:動画工房 製作:魔王城睡眠促進委員会 キャスト スヤリス姫:水瀬いのり 魔王タソガレ:松岡禎丞 あくましゅうどうし:石川界人 レッドシベリアン・改:小林親弘 勇者アカツキ:下野紘 はりとげマジロ:小山力也 やしき手下ゴブリン:高橋伸也 ミノタウロス:山根雅史 フランケンゾンビ:相馬康一 ネオ=アルラウネ:大原さやか かえんどくりゅう:黒田崇矢 ポセイドン:大塚剛央 ハーピィ:大橋彩香 シザーマジシャン:諏訪部順一 アラージフ:佐倉綾音 ※山崎みつえの崎は立つ崎が正式表記。 (c)熊之股鍵次・小学館/魔王城睡眠促進委員会

【関連記事】