Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

WRCラリー・トルコ:上位陣に次々とトラブルが襲う大波乱のラリーをトヨタのエバンスが制す。ランキング首位に浮上

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 2020年WRC(世界ラリー選手権)第5戦ラリー・トルコが行なわれた。波乱のラリーを制したのはエルフィン・エバンス(トヨタ)だった。 【動画】WRCラリー・トルコ SS11-12  初日の2ステージを終えた時点でベテランのセバスチャン・ローブ(ヒュンダイ)が首位に立つという展開でスタートしたラリー・トルコ。大会は2日目から荒れ模様となり始める。  前年チャンピオンで、今季も地元戦であるラリー・エストニアで勝利して流れに乗っていたオット・タナク(ヒュンダイ)は、SS3でステアリングトラブルにより土手に突っ込んでしまい、マシンにダメージを負った。これでタナクはデイリタイアとなった。  その後はトヨタのカッレ・ロバンペラ、セバスチャン・オジェにパンクが発生。これにより、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)が2番手以下に33秒の大量リードを築いた状態で最終日を迎えた。  しかし、波乱はこれでは終わらなかった。大会最終日、この日最初のステージかつ最大の難所、SS9の“チェティベリ”で首位ヌービルのタイヤがパンク。ここではオジェ、そしてローブまでもパンクに見舞われるという波乱の展開となった。さらにオジェは“チェティベリ2”ことSS11でマシンから煙が上がり、ここでリタイアとなってしまった。  上位陣のほとんどにトラブルが発生する中、慎重な走りをしてノートラブルで切り抜けたエバンスが、SS9を終えて2番手以下を46秒突き放す形で一躍トップに躍り出た。  そしてエバンス圧倒的優位の状況で迎えた最終パワーステージ(SS12)。2日目デイリタイアとなったタナクは、パワーステージでのボーナスポイント獲得に全力を注いだ。スペアタイヤを1本しか積まず、あえて柔らかいラバーのタイヤで走行したタナクは、4分20秒8という脅威的なタイムをマークして、ライバルたちの走行を待つ形となった。  エバンスはパワーステージを4分22秒2と危なげないタイムで通過し、ラリー・トルコでの優勝を決めた。これでエバンスは今季2勝目となったが、オジェとタナクが相次いで不運に見舞われたこともあり、ポイントランキングで首位を独走する格好となった。  ヌービルはタナクが叩き出したタイムをさらに上回り、4分20秒4でパワーステージを制し、総合でも2位に入った。これでボーナスポイントも合わせて23点を加算したヌービルは、ここ数戦の不振を取り返すことができた。総合3位はローブ、同4位はロバンペラだった。  タナクもパワーステージで2位に入ったことで、辛うじて4点を追加。ロバンペラとポイントで並び、エバンス、オジェに次ぐランキング3番手につけた。

【関連記事】