Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

軍隊格闘技システマに学ぶ、緊急時でも呼吸を乱さない危機回避術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

緊急時には呼吸を乱さないことが、危機回避にとって重要な条件。システマ公認インストラクター・天田憲明さんに、緊急時に焦らず対応するための呼吸法を指南してもらおう! 【写真】軍隊格闘技システマのやり方 * システマとはロシアの特殊部隊の軍隊格闘技。と聞くとなにやら恐ろしいが、その目的は、サバイブ=戦場で生き残ることにあるという。日本で数少ない公認インストラクターの一人、天田憲明さんによれば、 「システマには4大原則があります。キープブリージング(呼吸をし続ける)、キープリラックス(リラックスし続ける)、キープポスチュア(よい姿勢を維持する)、キープムービング(動き続ける)。この4つを守っていれば生き残ることができるという考え方です」 呼吸を重視していることがシステマの最大の特徴。 「窮地に陥ったり緊張したときは、息が止まったり呼吸が浅くなります。その悪い呼吸をいい呼吸に切り替える練習をします。やり方は簡単。まず息を吐き、その後、鼻からゆっくり息を吸って口から吐く」 へ? それだけですか? 「姿勢も重要です。背中が曲がっていると肺が凹むので息が吸えない。首が曲がると視界も狭まる。そんなダメな姿勢でも、上の写真のように呼吸で背すじと首を伸ばして視界を広げると、よい姿勢になります」 なるほど、そして? 「敵意を持った相手が目の前にいたとして、意識と視界を広げていくと、自分と相手が広い空間で相対化される。客観視すると恐怖心がなくなり、危険を回避できます」 上司に叱られたとき、応用を!

教えてくれた人

システマ公認インストラクター・天田憲明(あまだ・のりあき)/中国武術、ムエタイ、ブラジリアン柔術、クラヴマガなどを経てシステマと出合う。システマの呼吸法を紹介する『最強の呼吸法』(弊社刊)を手がけた。

取材・文/石飛カノ(初出『Tarzan』No.752・2018年10月25日発売)

【関連記事】