Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

最高ヤリスなら最安カローラより上? それとも… 安い車の最上級VS高い車の最安

配信

ベストカーWeb

    車選びにはさまざまな判断基準があるだろう。性能やサイズ、デザイン、メーカーなど、ひとつずつあげればキリがないが、やはり最も大きいのは「価格」だろう。 【画像ギャラリー】全最安グレードVS最上級グレード 8番勝負 全車種の画像を見る   そして、「予算250万円まででハッチバックを買いたい」という場合、例えば、ある車種の最上級グレードと1クラス上の車種の最安グレードが、価格的に大差ないという場合も多い。   安い車の最上級グレードと高い車の最安グレードは、どちらを選ぶべきなのか? 全8番勝負のケースを解説します。  文:岡本幸一郎、渡辺陽一郎、大音安弘、永田恵一 写真:TOYOTA、SUBARU、HONDA、SUZUKI、Daimler ベストカー 2020年7月10日号

カローラスポーツ【最安】VSヤリス【最上級】

   ■カローラスポーツ/220万2200円(G"X"CVT 2WD) ■ヤリス/229万5000円(HYBRID Z 1.5L・2WD)   この組み合わせは非常に難問。   普通のコンパクトなベーシックカーだったヴィッツ時代と違って、ヤリスはプチプレミアムコンパクトっぽい雰囲気を感じさせる。   だから約230万円しても妙に納得できるものがあるし、それにパワフルで超絶低燃費を誇るハイブリッドを搭載するというのはかなり魅力的だ。   とはいえ、同じTNGA(=新世代プラットフォーム、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーの略)でも、車格の違いからプラットフォームをはじめ与えられているものが全体的にカローラスポーツのほうが上。   コンパクトなサイズとハイブリッドにこだわらなければ、カローラスポーツのほうが満足感は高そうだ。

インプレッサスポーツ【最安】VSフィット【最上級】

   ■インプレッサスポーツ/200万2000円(1.6i-L EyeSight) ■フィット/232万7600円(e:HEV LUXE FF)   Bセグメント車(編注:国産ではフィット、ヤリスなどの車格が該当するコンパクトカー)を持っていないスバルが、まさしくフィットクラスのお客さんをカバーすべく、インプレッサスポーツに廉価モデルを設定したわけだが、安くするために少々無理している感もなきにしもあらず。   装備など全体的には安普請だし、せっかくスバルなのにAWDでもない。   そのあたりを理解したうえでわりきってインプレッサスポーツを選ぶならアリだけど、かたやフィットは小さくても車内や荷室は広いし、e:HEVのLUXEなら走りもかなり洗練されている。   "イチバン上等なフィット"を求める人にとって、期待を超える仕上がりだと思う。フィットを買うべし! 

【関連記事】