Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1.4Lで最高出力200psオーバー! 16バルブDOHCヘッドを持つ LZ型エンジンを搭載|サニーエクセレントTSレーシング Vol.2

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Nosweb.jp

1975年に創業したチューニングショップの老舗「スピードショップ クボ(SS KUBO)」代表の久保靖夫さんは、2輪の「城北ライダース」創設メンバーとして数々のレースに参戦。東名自動車の設立に参加し、日本のレース黎明期に活躍した。 京都のコジマ・エンジニアリングのスタッフとして、当時のFJ1300やF2のメンテナンスを担当。1976年に日本初開催となるF1グランプリ(F1世界選手権イン・ジャパン)にも参加。SS KUBOを開業した後は、レースで培ったノウハウを生かし、数々のチューニングカーを手がけた。 その代表格となるのが、76年に谷田部のチューニングカーテストで、最速の240.8km/hをマークしたGノーズを装着したS30Zだ。このZのエンジンこそ、当時国内では入手不可能だったL28型エンジンだった。   SS KUBOでエクセレントの作業がスタートしたのは2008年のこと。貴重なLZ型エンジンのフルOHをはじめ、TSレーシング仕様のボディの修復、足回り、ブレーキ、駆動系、内装にいたるまで、当時のレース用パーツが惜しみなく使われ、約2年がかりで組み上げられた。  LZ型エンジンは、1973年のレギュレーション変更により、、ボルトオン・オプションのDOHCヘッドへの変更が認められたため、日産が急遽開発したレース用の16バルブDOHCヘッドを備える。その結果、200psオーバーのレーシングユニットで挑んだ日産ワークスは、表彰台を独占したのだ。  LZ型エンジンのアルミ合金製DOHCヘッドは、ヘッド自体にカムを装着しないカムホルダー式を採用。カムシャフトは専用のダブルローラーチェーンで駆動される。  バルブ挟角34度、燃焼室は浅いペントルーフ型採用された。バルブはチタン製で、バルブリフターとシムはS20型と同じ形状だ。また、ピストンはドイツのマーレー製のフラットヘッドで、深めのバルブリセスが切られていて、圧縮比は11.5~12.0の設定。コンロッドは鍛造スチール製のI断面タイプ。小端部にエリマキ状の補強がされていて、鏡面研磨されている。 希少な16バルブDOHCヘッドを備えたLZ型エンジンの燃焼室。エンジン内部がわかる貴重な写真(写真7点)  運転席の右側足元に備えられているのは、点火系のコンピュータで、アクセル開度は、キャブのバタフライシャフトから取っている。コンソール奥のスペースには、ドライバッテリーが設置される。  フロントのストラットはレース用車高調整式で、取り付け位置を変更できるピロアッパーマウントを持つ。ブレーキは13インチホイールに対応するMK63キャリパーを採用。

Nosweb 編集部

【関連記事】