Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

足回り部品で新工場 コマツ、氷見で建設

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北國新聞社

 コマツは、氷見市の氷見工場に隣接する大浦第2工業団地で、建機の足回り部品「シールリング」を製造する新工場を建設する。氷見工場のシールリング生産体制を省力化する予定で、来年5月の完成、11月の量産開始を目指す。

 シールリングは足回り部品の油漏れを防ぐ鉄製リング。新工場は溶解炉や生産ラインを整備する。建屋は長さ約120メートル、幅11メートルとなる。

 シールリング生産部門の従業員数は新工場稼働後に順次減らし、現在の90人を50人程度にする。従業員の雇用は継続し、工場内の他の部門に配置転換する。

北國新聞社