Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

追悼・李登輝 櫻井よしこが明かす「日本を愛し抜いた“民主化の父”の素顔」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 7月30日、台湾の李登輝元総統が多臓器不全のため亡くなった。台湾出身者として初めて総統に就任し、12年に及んだ在任中には総統直接選挙を実現。「民主化の父」と呼ばれた。22歳まで日本の占領下で育ち、日本人として教育され、日本人として生きた。97年の生涯では、日本と台湾の交流にも力を注いできた。 【写真】この記事の写真を見る(4枚)  ジャーナリストの櫻井よしこ氏は李氏に何度も取材を重ねただけでなく、台北市内にある自宅を訪問するなど公私にわたり交流を続けてきた。  櫻井氏が知られざる李氏の素顔を明かす。

「いつも生と死に悩んでいた」

 李元総統は日本の占領下にあった旧制台北高校に進学すると「いつも生と死に悩んでいた」多感な青年だったという。 「なぜ人間は生き、そして死ぬのか。生と死の意義は何か。李登輝氏は多読の中で西田幾多郎や鈴木大拙に出合う。倉田百三、和辻哲郎、夏目漱石、さらにカント、ヘーゲル、カーライル等に導かれた」  櫻井氏が李氏に初めて会った時、カーライルと西田幾多郎について1時間以上にわたり熱心に説いたという。 「余りよく理解できていない私に繰り返し、自身が決定的な影響を受けた二人について、口角泡を飛ばす勢いで語り続けるのだ。心の一番深いところにぎっしり詰まっている思いが熱い息遣いと共に腹から湧き上がってくるように語る。  語る。語る。語る。  その姿は、司馬遼太郎が『旧制高校生のよう』と形容したそのままだ」

1泊2日の台南旅行で……

 一方で櫻井氏は「打ちとけてみると李登輝氏は限りないあたたかさと寛容の人で、何よりも朗らかだった」として、2004年には李氏夫妻と共に台南を旅行したことを明かした。この旅行で最も思い出に残っているのが、台湾を代表する財閥「奇美実業」創立者、許文龍氏が李氏夫妻と櫻井氏を連れ出した魚釣りとそれに続く夕食会だった。 「帽子をかぶったりして船上に立った私たちを乗せるとエンジンがかかり、船は網を引きながらゆっくりと海に出た。トントントン、トントントン。魚を追い込む音がする。波もなく穏やかな海をこうして周遊し、港に戻ってみて驚いた。網が巻き上げられると太った立派なボラが数十尾も或いは100尾以上(恐らく)もかかっていたからだ」  その後に開かれた夕食会では、見事なボラの蒸し料理などが振る舞われたという。 「食後、10丁程にも上るストラディヴァリウスのコレクションから許文龍氏がひとつを取り出して弾き始めた。許文龍氏からストラディヴァリウスを貸与されて一流の音楽家を目指している若い台湾人ヴァイオリニスト二人も加わった。彼らは見事な曲を演奏したが、やがて日本の唱歌になった。許文龍氏らが弾き、私たちが歌った。『故郷』『月の沙漠』『荒城の月』『花』などを、李登輝氏も曽文恵夫人も皆が声を揃えて歌った。歌詞が大きな字で書かれている歌集もちゃんと揃っていた」 「文藝春秋」10月号及び「文藝春秋digital」に掲載した「 追悼 李登輝――日本人より日本人らしく生きた97年 」では、台湾の民主化に尽くし、中国共産党の暴虐に抗った李登輝氏の生涯について櫻井氏が詳述している。

「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2020年10月号

【この記事にも注目】

【関連記事】