Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【役者と新型コロナ】俳優一筋84歳が打診受けた大役…コロナに翻弄される演劇はいま 名古屋の天野鎮雄さん 【#コロナとどう暮らす】

配信

東海テレビ

天野鎮雄さん

 名古屋の演劇といえば、アマチン・天野鎮雄さん。俳優一筋で84歳になりました。今年は大きな舞台の主役に、と声がかかっているようです。どんな風にお過ごしか、取材しました。 若かりし“さんまさん”も舞台に立った笑いの殿堂がピンチ…芸人も仕事激減で悩む HPで“寄付”の呼びかけも  天野鎮雄さん、84歳。奥さまの山田昌さん、90歳。2人合わせて174歳。ニッポン最強の役者夫婦です。

天野鎮雄さんは、1936年(昭和11年)名古屋生まれ。高校時代から俳優を志し、現在の愛知教育大学を出た後、東京の文学座に入りました。

「女の一生」、東京での初舞台でした。

その後、地元でタレントを続けたアマチンさん。

49歳の時、劇団「劇座」を創立しました。

1年に2本の演劇を主催するなど、名古屋の舞台には欠かせない人になっていきました。

俳優生活も65年になろうとする去年、地元の演劇人から大きな役の依頼がありました。シェークスピアの『テンペスト』、その主役です。

天野鎮雄さん: 「シェークスピアが、ペストでヨーロッパが荒れているときに芝居ができなくなって、芝居が劇場封鎖でできなくなってしまって、その間に書いた最後の作品なんですよ。だから因縁浅からず」 『テンペスト』は訳すと『嵐』。

本番の10月、世の中はどうなっているのか、演劇の先行きに忍び寄るコロナの影。 天野さん: 「やっぱりムチャクチャ不安ですよね。いつ3人以上集まっていいのか、いつ間隔を開けなくてもよくなるかというような…。みんなが集まって、今一番いけないことをしなきゃいけないんですよね、それができない状況なので」  豊田市の愛知工業大学。「チームAI」はラボで、学生たち80人が映像制作に取り組んでいます。

今回、『テンペスト』の舞台には、プロジェクション・マッピングが使われます。 学生: 「主人公のプロスペロがところどころで魔法を使うんですけど、それで使えないかなって。今実験段階なんですけど」

学生たちを率いているのは、鳥居一平教授です。 愛知工業大学 鳥居一平教授: 「表現の幅が非常に広がるってことだと思うんですけど。もうハリウッドの映画でも見たことがないような映像表現をみんなに求めているということです。ですからみんな何回も作り直していこうという考えでやっています」

【関連記事】