Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

令和維新会特集5店目 那珂川市の完全予約制鶏白湯ラーメン店「御忍び麺処 nakamuLab.」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファンファン福岡

福岡のラーメンブロガー ラーメン大好きガーソーさんの福岡ラーメンレポート。 令和維新会特集5店目は、那珂川市の住宅地にある普通の民家で完全予約制の営業スタイルを貫く鶏白湯ラーメン「御忍び麺処 nakamuLab.」。 独立するまでの経歴や、唯一無二の営業スタイル、3種類のラーメンの説明、そして今後の展開について、「御忍び麺処 nakamuLab.」の店主中村聡志さんに取材させて頂きました。

御忍び麺処 nakamuLab.がオープンするまで

全国でも珍しい、完全予約制の鶏白湯ラーメン専門店、御忍び麺処 nakamuLab.はどのようにして産まれたのか、店主の中村聡志さんに取材しました。 中村さんは異色の経歴の持主で、会社員をしていた19才の時に、モテそうだからと始めたキックボクシングで才能を発揮し、1年でプロになって6戦全勝。 それで上京したものの、そこから思うように成績が伸びず、プロになった時に25才までに結果を出せなかったら海外にバックパッカーで5年旅に出ると決めていた中村さんは、25才の時にアルバイト先の博多の老舗ラーメン店「うま馬」から海外出店の計画があることを聞き、迷うことなく志願。 シンガポール、アメリカ、フィリピンでラーメン店の立ち上げに携わり様々な経験を積んだ後、日本に帰ってきて独立開業の準備に入り、なかなか良い条件の店舗か見つからない中、住む為に友人から借りた那珂川市の外れにある一戸建の家でラーメンの試作を繰り返している内に、友人から「ここでやったら?」と言われ、1人でやるなら完全予約制にしないと出来ないと思って、完全予約制のラーメン屋さんにしてやってみた、というのがオープンまでのあらましだそうです。 こうして文章にしてしまうと行き当たりばったりに見えますが、いずれ世界で勝負したい、という強い思いが元々あって、キックボクシングの時もその為にどうするか、それが出来なかったら次はどうするか、ということを考え、だから25才までで結果が出なければ海外に出ると決めていたとのこと。 ラーメンの場合も実際に海外でラーメン店を運営したことで、海外で勝負する為には豚を食べられない方々が多いから、鶏で勝負して世界に出ようと決めて日本に戻ってきたそうで、中村さんなりの戦略や計画がちゃんとあるんですね。 そして、完全予約制のラーメン店をやるにあたっても、その戦略は発揮されていました。

【関連記事】