Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渡辺明・新名人、36歳での初戴冠に「縁がないと思っていた」激化する世代闘争に「40歳の時どれだけ持ちこたえられるか」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の名人戦七番勝負第6局が行われ、渡辺明二冠(36)が豊島将之名人(竜王、30)を下し、シリーズ成績4勝2敗で新名人となった。2000年4月に史上4人目の中学生棋士としてプロデビューを果たしてから20年あまり。順位戦A級への昇級から10年以上かけての初挑戦・初獲得に「縁がないと思っていた」と赤裸々な思いを会見で明かした。また、藤井聡太棋聖(18)を筆頭に、これからさらに激化する世代闘争については「40歳の時にどれだけ持ちこたえられるか」とも述べた。会見の主な質疑応答は以下のとおり。 【動画】渡辺初名人、誕生の瞬間(8時間39分ごろ~) -名人獲得の心境を  やっぱりちょっとまだ実感はないです。これから何日か経って、時間が出てくる気がしています。 -改めて名人戦の印象は  名人戦はずっと出てみたいタイトル戦でしたが、なかなかチャンスがなくて。近年は縁がないかなと思っていたところもあったので、あと1勝というところまで来ても、あまりイメージがなかったです。 -喜びの思いは  これから新聞とか見たり、明日お祝いの言葉とかかけてもらって、少しずつ実感してくるのかなと思います。 -他のタイトル獲得と名人獲得との違いについて  初出場ということで、他のタイトル戦に比べると、出るのがだいぶ遅くなりました。A級に上がったのが20代半ばだったと思いますが、そこから10年ぐらい出られなかったので、ちょっとダメかなと思っていた部分がある。名人というタイトルを意識する機会は、今までなかったですね。 -今回の相手は年齢が下でもある豊島名人だった  対戦相手の年齢、先輩、後輩は意識してなかったですが、名人戦にあと何回出られるかと考えたら、そんなに多くないだろうと。取れるなら今回なんとかしたいという気持ちはありました。 -新しい勢力も出てきて、タイトル保持者の顔ぶれも変わった。タイトル獲得の意味合いと今後の時代について  この年齢になってくると、次があると考えなくなる。20代は次があると思っていたが、タイトル戦に出られる棋士のキャリアとしては後半戦に来ているので、いつまでやれるかも含めて、チャンスはあとどれくらいあるのかということは、今回も考えました。 -(新型コロナウイルスの影響で)変則日程になり、他のタイトル戦も並行して戦うことになった  日程的にはどうしてもきつい部分があった。ただ、みんな同じ条件でもありますし、タイトル戦で活躍している人はみんな大変な日程でやっている。体調面と研究のバランスは、ちょっと大変だったと思います。なかなかこういった状況でタイトル戦をやるのは、これから先何度もあることでもないと思うので仕方ないです。

【関連記事】