Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「特捜9」第4話は“リュウソウジャー回”!? “グリーン”小原唯和が吹越満、渋江譲二と再会【コメントあり】

配信

ザテレビジョン

4月29日(水)放送の「特捜9 season3」(夜9:00-9:54、テレビ朝日系)第4話に、3月まで「騎士竜戦隊リュウソウジャー」でリュウソウグリーン/トワ役を演じていた小原唯和が出演する。これを受けて、SNSでは「特捜9がリュウソウジャー回過ぎる!」と話題になっている。 【写真を見る】「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011~2012年)に出演した“大先輩”山田裕貴との共演も話題に! 第4話では、警視庁捜査一課特捜班のメンバー・新藤亮(山田裕貴)が、休日にネット配信番組の観覧に出掛ける。番組はマジシャンのトリックを一般人の挑戦者が見破るというもので、今回はマジシャン・ミステリオ遠野(渋江譲二)と前回彼を追い詰めた江上秀平(池内万作)の対決が行われるのだった。 しかし、江上は本番中、スタッフの差し出した水を飲むとのどをかきむしりながら倒れてしまう。事件を追う特捜班は、本番前に江上の楽屋から飛び出してきたという少年・志倉登(小原)にたどり着く。 「―リュウソウジャー」ファンなら既にお気づきのように、リュウソウグリーンの小原だけでなく、マスターブルー役だった渋江がゲスト。また、特捜班の青柳を演じる吹越満は、リュウソウジャーたちを支えた古生物学者・龍井尚久を演じていた。 さらに、第4話の脚本を担当する山岡潤平は「―リュウソウジャー」全48話中28話を手掛けた人物という、まさに“リュウソウジャー過ぎる”顔ぶれがファンを沸かせている。 そんなファンに向けて、収録を終えた小原からメッセージが届いた。小原は、「リュウソウジャーでお世話になった吹越さん、渋江さんとまたご一緒させて頂いて大変光栄でした」と語るとともに、「戦隊シリーズの大先輩の山田(裕貴)さんとはお互いの変身ポーズをして意気投合し、主演の井ノ原(快彦)さんは、僕が感情を込めて演じれるよう肩に触れ優しく微笑んでくださり、その優しさと気遣いに感動しました」とのエピソードも明かした。 ■ 小原唯和/志倉登役 コメント全文 不器用で無骨な少年、志倉登役を演じさせて頂きました。登は複雑な境遇で育ち、事件の鍵を握る一人です。これまで自分自身が言葉にした事がないような鋭い台詞や、威圧的な態度をとるシーンも多く、登の繊細な心情を表現しようと何とか食らいつきました。新しい扉を開き見た事のない世界へ一歩踏み出せたような気持ちになりました。 撮影現場では、リュウソウジャーでお世話になった吹越さん、渋江さんとまたご一緒させて頂いて大変光栄でした。戦隊シリーズの大先輩の山田(裕貴)さんとはお互いの変身ポーズをして意気投合し、主演の井ノ原(快彦)さんは、僕が感情を込めて演じれるよう肩に触れ優しく微笑んでくださり、その優しさと気遣いに感動しました。第4話はマジックに隠されたトリックや悲しい過去、あらゆる事が事件の解決につながっていきます。 特捜班のチームワークと登の感情の移り変わりにも注目して見ていただければと思います。(ザテレビジョン)

【関連記事】