Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅の刃』大ファンの椿鬼奴、最終話掲載のジャンプ「厳かな儀式」として読む

配信

オリコン

 お笑い芸人の椿鬼奴が18日、自身のツイッターを更新。大ファンだと公言する人気漫画『鬼滅の刃』(作者:吾峠呼世晴)が、同日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)24号で最終回を迎え、約4年3ヶ月の歴史に幕を下ろしたことで「終わったのですね…」と連載終了を惜しんだ。 【写真】瞑想してからジャンプを読む?自称・酒柱の椿鬼奴  鬼奴はテレビ番組などで同作愛を熱弁しており、主人公・炭治郎のコスプレをして、自身のことを「酒柱」と名乗るなど熱中している様子を見せていた。そんな彼女が、『鬼滅の刃』完結を知り「厳かな儀式というつもりで今日のジャンプを読む 好きなカフェオレとオレオとコロンで乗り切るつもりだ」と瞑想をしているかのような写真を投稿しながら同誌をじっくり読むと伝えた。  前号では「次号最高潮」「超クライマックス」と次号予告されていたが、『最終回』『完結』という表記がなく、ネット上では「次が最終回?」「新章開幕か?」など今後の展開を予想する声が相次いでいた『鬼滅の刃』。結果的に、コミックス累計発行部数6000万部を突破したばかりの作品が、人気絶頂の中で最終回を迎えた形になった。  ネット上では『鬼滅の刃』の完結に「連載お疲れ様でした!」「すでに鬼滅ロスの気分」「月曜日の楽しみが減った…」などと続々と感想が投稿され、ツイッターでは「鬼滅完結」がトレンド入り。早くも“鬼滅ロス”という声が出ている。  2016年2月より『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした『鬼滅の刃』は、大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つため旅に出るストーリー。

【関連記事】