Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

時代に消えたセ・リーグ“初代”王者、戦地に消えた幻の鉄腕/プロ野球20世紀・不屈の物語【1936~54年】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。

低迷から優勝、そして消滅

「ワシの速球が打てますかいな。ほら一丁、投げ込みますよ」  まるで昔の野球マンガに出てきそうなセリフだ。野球マンガの隆盛は戦後、おおまかに高度経済成長期のことになるだろうか。ただ、冒頭のセリフは実在した右腕のもの。昭和の時代に野球マンガが少年たちを虜にするよりも、はるか昔、誕生して間もないプロ野球の話だ。  プロ野球が2リーグ制となって70年が過ぎた。71年目となった2020年は異例のシーズンになっているが、さまざまな苦難を乗り越えながら、両リーグそれぞれで覇者が決まり、日本一を争うのだろう。日本シリーズの第1回は、日本ワールド・シリーズという名称だった。日本一に輝いたのは現在のロッテ、当時の毎日オリオンズ。一方で、セ・リーグの覇者は、現在のプロ野球12球団に残っていない。その名は松竹ロビンス。その起源はプロ野球が始まった1936年にさかのぼる。  このときの名称は大東京。巨人、東京セネタース(43年オフに解散)に続く東京の3チーム目としてプロ野球に参加した。ネーミングライツにより球団の名称を改めた第1号でもあり、プロ野球は2年目の37年から春季、秋季の2シーズン制となり、その秋のシーズンからライオン歯磨と契約して、チーム名をライオンに。だが、1シーズン制2年目の40年オフにはプロ野球でも英語が禁止され、チーム名を朝日に改称している。  ただ、大東京もライオンも朝日も変わらなかったのはチームの弱さ。この連載でも触れたように、40年は巨人の川上哲治とのタイトル争いを制した鬼頭数雄が首位打者に輝いたシーズンだが、1人のバットでは打開できないほど低迷は深刻だったのだ。それまでも、いまでいうAクラスは1度もなく、ライオンから朝日にまたがって2年連続で最下位に沈んだ。  そして41年オフ、日米が開戦。皮肉にも、そこから風向きが変わる。旧制の一宮中で41年センバツで準優勝を果たし、翌42年に入団したのが、投げるたびに冒頭のセリフを発したといわれる林安夫だ。生年月日の記録は残っており、42年は20歳となるシーズンだったことになる。1年目からチーム105試合のうち71試合に登板して32勝22敗、防御率1.01で最優秀防御率。ただ注目すべきは、これらの数字ではない。

【関連記事】