Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6200億円の巨額予算、トランプ氏が考える「国境の壁」とは?

配信

The Guardian

【記者:Amanda Holpuch】  メキシコ国境の壁建設について、議会の予算承認が得られなくても、非常事態を宣言して実現すると脅したドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領。この脅しは取り下げたようだが、2016年の大統領選で公約した壁建設がトランプ氏最大の関心事であることに変わりはない。  だが一体、「国境の壁」とは正確にはどのようなものなのだろうか。なぜ、トランプ氏は建設費として是が非でも57億ドル(約6200億円)を確保しようとしているのか。 ■国境の壁とは?  全長3145キロにわたる米国とメキシコの国境は、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州の広大な砂漠や山々を横切っている。うち約1050キロ分にはフェンスや壁など人工的な障壁が設けられており、その大部分は2006年以降に建設されたものだ。 ■トランプ氏は何をしたいのか?  トランプ氏が請求している57億ドルという額は何を根拠にしているのか、その詳細はよく分かっていない。トランプ氏はこの数週間で「壁」という言葉ではなく「バリア」という言葉を使うようになっており、必ずしもコンクリート製の壁である必要はないと譲歩している。  トランプ氏は1月に入って以降、「バリアまたは壁は、その方がうまくいくならば、コンクリート製ではなく鉄製でもいい」「USスチール(United States Steel)やいくつかの製鉄会社に電話をして、金属板やデザインを提案するよう依頼するつもりだ…バリアとして使うためにだ」と発言している。 ■米国人は壁を欲しがっているのか?  米調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)が2018年1月に実施した調査によると、米国人の60%が、トランプ氏の提案する国境の壁の拡張計画に反対していた。比較的支持が多かった層は、高齢者、白人、教育水準が低い層などだった。 ■メキシコ国境から不法入国する移民の数は?  正確な数を把握することは不可能だろう。気付かれることなく米国に不法入国し滞在している人々は、移民申請を進んで行うことはなく、データを集めることは難しい。  従って米税関・国境警備局(CBP)がメキシコ国境で拘束した不法移民の人数が手掛かりとなる。国土安全保障省(DHS)によると、2017年には30万3916人が拘束された。このうち13%が、祖国に戻れば身に危険が迫ると主張し、難民申請を求めた。  さらにDHSの統計によると、陸ではなく空または海から合法的に米国に入国し、ビザ(入国査証)の期限が切れて不法滞在となった人の数は、17年末時点で60万6926人に上った。

【関連記事】