Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【これぞ時計界の新勢力】 独自路線を突き進む“フランス時計”、狙い目の3ブランドを編集部が厳選!

配信

ウオッチライフニュース

 受け板はもちろん、歯車やネジまで自社製造した手巻きムーヴメント、Cal.16 1/2-6498を搭載。裏ブタはシースルーバック仕様なので、機械の動きと機械式時計ならではの機能美を楽しめる。

編集部のおすすめモデル-其の2

YEMA(イエマ) ラリーグラフ クォーツ  スイス国境に近いブザンソンで1948年に創設したフランスを代表するスポーツウオッチブランド。一時期、休眠状態となっていたが、現在は復活を果たし、往年の名作から範を得たヘリテージコレクションを展開している。“ラリーグラフ クォーツ”は、1974年にリリースされたレーシングクロノグラフ、“ラリーグラフ”をベースに製作されたイエマ初のクォーツクロノグラフ。オリジナルのラリーグラフはイエマの愛好家から“ブラウンシュガー”のニックネームで親しまれたモデルであり、レーシングカーのダッシュボードからインスパイアされた台形のインダイアルが最大の特徴だ。ムーヴメントはセイコー製のVK64メカ・クォーツムーヴメントを搭載しており、クォーツモデルでありつつ、機械式時計のようにクロノ針の動きを実現している。  価格は4万6200円で、問い合わせ先はイエマジャパン(TEL. 03-5875-8810)まで。

》編集部のおすすめモデル-其の3

MICHEL HERBELIN(ミッシェル・エルブラン) ニューポート クロノ  ヨットでの航海に対するオマージュモデル、ニューポートで知られる1947年創業のフランスブランド。スポーティなテイストとエレガントさを兼ね備えた多彩なコレクションを展開している。ニューポート クロノに加わったクォーツモデル。グレーアンスラサイトPVD加工のベゼルとヘアライン仕上げのブラックダイアルに、ニューポートコレクションを象徴するブルーカウンターのカラーデザインがアクセントをプラスしている。  価格は14万3000円で、問い合わせ先はオールージュ(TEL.03-6452-8802)まで。

文◎船平卓馬(編集部)

【関連記事】