Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ローズS予想まとめ】SPAIA予想陣の見解は真っ二つ 勝つのはフアナかオークス組か

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

AIと京大はフアナを本命

9月20日に中京競馬場で行われるのはローズS。オークス3番人気のクラヴァシュドールらが出走する。このレースをSPAIA予想陣はどう予想したのか。 【ローズステークス 2020最終予想】まさかの決断!今年は夏の上がり馬に注目(京大RC編) AI予想エンジンKAIBAと京大競馬研究会はともにフアナを本命に。京大競馬研究会によると、 「前走の勝ち時計はかなり優秀。ラップも前半1000mが58.2と速かったにもかかわらず、ラスト2Fが0.2秒しか失速していない。その流れでラスト300mだけで3着以下を一気に突き放し、上がり34.6を計測する素晴らしい内容」 との見解だ。また、オークス組については「2~5着はすべて単勝20倍超えの馬が入線し2着以下のレベルが安定していない」との見立て。 上がり馬を上位にとった2名とは対照的に門田氏はクラヴァシュドールを本命に。 「過去10年ローズSの勝ち馬10頭中、8頭が前走でGIを走っていた。クラヴァシュドールに騎乗するデムーロ騎手の中京芝2000mでの勝率28.6%、連対率42.9%は文句なし」 と、ローテ・騎手の両面から攻めている。勝利を手にして秋華賞へ臨むのはどちらの馬か、はたまた別の馬になるのか。注目度の高い一戦だ。

SPAIA編集部

【関連記事】