Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

衰退するショッピングモール、再生を模索する欧州

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

──ドイツ、ヨーロッパで行われつつあるショッピングモール再生の試みを紹介する......

世界の消費文化のシンボルだったショッピングモールが瀕死の状態にある。欧州におけるショッピングモールの首都と評されるベルリンでも、次々と消費の宮殿が閉鎖の一歩手前をさまよっている。パンデミック以前から、大規模モールは時代遅れの象徴だった。モールは本当に死をむかえるのか、それとも変わるのか? 【写真特集】セクシー女優から受付嬢まで、トランプの性スキャンダル美女たち 20世紀で最も成功したユダヤ人建築家の一人であるビクター・グルーエンは、1903年にオーストリアのウィーンに生まれ、ナチスの台頭により1938年にアメリカに亡命、後に「アメリカを変えたショッピングモールの父」としてその名を轟かせた。しかし彼は晩年、自ら生み出したショッピングモールを「ろくでなしの計画」だったと自戒した。その理由は、全米で過熱した郊外型ショッピングモール建設が、都市が必要とする図書館や病院といった本来のインフラ投資を停滞させ、結果、都市の中心部の消費環境までを破壊したとグルーエンは回顧している。 グルーエンが思い描いた20世紀の消費の宮殿は、都市の周縁に配置された。それは、ロンドンのハロッズやパリのギャラリー・ラファイエット、そしてベルリンのKaDeWe(カーデーヴェー)などの大型デパートとは異なるアイデアだった。デパートは、複数階建ての中心都市部の大型小売店だったが、ショッピングモールは、クルマで行く郊外にあり、多数の独立した店舗が大きな複合施設に集まっていた。これは、住民を都市から脱出させる郊外化現象を促し、結果、グルーエンは都市の空洞化と破壊をもたらした人物とみなされた。 グルーエンが創造したショッピングモールの時代が本当に終わろうとしている。ソーシャル・ネットワークの台頭、オンライン・ショッピングの飛躍的な増加、低価格や専門小売店へのシフトは、かつて華やかだったモールを廃墟化させつつある。ベルリンには、過剰なほどのあまりに多くのショッピングモールがある。実際、ベルリンほど多くのショッピングモールがある都市は、ドイツどころかヨーロッパ各地にも見当たらない。旧東ドイツ時代、バナナでさえ稀少品だった旧東ベルリン市民の貪欲な消費願望が、この都市を消費のセンターに押し上げていったのかもしれない。

【関連記事】