Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、竹下登、海部俊樹、細川護熙と「ファーストレディ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

佐藤栄作元首相が引退後に長髪になった理由とは? 

 9月14日、自民党総裁選の投開票が行われ、菅義偉新総裁が誕生。その後に首班指名を受け、新たにファーストレディが生まれることになるわけだが、ここで改めて過去のファーストレディについて振り返ってみよう。 【写真】首相とファーストレディたち  ***

 政界の團十郎などと呼ばれた佐藤栄作元首相(享年74)は、1964年11月から7年8カ月の間、首相の座にあった。又甥にあたる安倍晋三首相に破られるまで、連続在任日数の最長記録を保持していた。  日韓基本条約の批准、沖縄返還を実現させ、後にノーベル平和賞を受賞している。  その夫を支えたのが、寛子夫人(享年80)。父は東京帝大卒の医師、母は松岡洋右元外相の妹だ。  1969年、沖縄返還協定の調印のための訪米時、ミニスカート姿で批判を受けた。  ミニが流行していたこともあり、「下はできるだけお短く」と周囲に進言され、ヒザ上3センチのスカートを作った。 「いい年をして恥ずかしかったが、沖縄返還のためにいくらかでもあちらの印象をよくしたいと、お国のために頑張ったつもり」と、後で振り返っている。  佐藤元首相は72年7月に内閣総辞職し、そのまま政界を引退。実はその後、髪を伸ばし始めたのだが、それは寛子夫人の勧めだったという。  長男の龍太郎氏がかつて週刊新潮にこう明かしている。 「首相を辞めたあと、しばらくは軽井沢へ行きました。髪を伸ばし始めたのはこの時からです」 「それまでは事務所があったホテルオークラの『米倉』という散髪屋へ1週間に1度は必ず行っていた。オヤジはとてもおしゃれだったし、几帳面でしたから」  戦時中は丸坊主、政治家時代は刈り上げて七三分けだった。 「軽井沢ではゴルフをしながら静養していました。しかし、おかげで散髪にはいけなくなりました」  佐藤氏は毛量が多く、伸びるのも早かった。

角栄夫人が再婚に際して出した条件とは? 

「そんな折、母の寛子が長髪にすることを勧めたのです。1970年の大阪万博で各国の首脳がお見えになった時、ヨーロッパ系の人は多くが長髪で、いずれも歳相応に落ち着いた顔だちに見えたと言っていました」 「親父もヨーロッパの首脳のように見られることを期待したのでしょうね」 「親父は、首相を辞めて寂しかったこともあったと思います。母としては、親父に日常生活の中で何か気を紛らわすことを覚えさせたかったのでしょう」  佐藤氏の側近だった粕谷茂元代議士もこう明かしている。 「あのご夫婦はまさに一心同体でした。寛子夫人は佐藤内閣時代、閣僚、幹事長など先生の番頭として働いた人の誕生日を全部メモし、密かにお祝いを贈っていました。長期政権の秘密はそこにもあったのです」  ファーストレディの気配りが支えた超長期政権の後を襲ったのは、田中角栄首相(享年75)だった。  彼は飯田橋に「田中土建」という建築事務所を起こした。その際に、事務所の大家の娘だったのが、後に夫人となる坂本はな氏だった。  彼女はその10年ほど前に1度結婚して娘をもうけたものの離婚し、実家に戻っている。そして、角栄氏の事務所の手伝いをするうちに妻となったのである。  角栄氏自ら著した「私の履歴書」によれば、夫人は結婚に際して、以下の条件を角栄氏に出したという。 「喧嘩をしても出て行けと言わないこと」 「私を嫌いになっても、足蹴にしないこと」 「将来、二重橋を渡る日(皇居に呼ばれること)があったら、自分を連れていくこと」  最初の結婚での彼女の苦労が推察される条件だ。  後に外相などを務める真紀子氏は1944年1月に生まれている。角栄氏が25歳、はな夫人が33歳のときだ。

【関連記事】