Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

内田篤人氏、指導者デビュー初日から“ウッチー魂”注入 反町技術委員長「センスが良い」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 8月23日に鹿島で現役引退した元日本代表DFの内田篤人氏(32)が14日、指導者デビューした。日本サッカー協会が新設したロールモデルコーチとして、千葉県内で行われたU―19日本代表候補合宿で初仕事を行った。  初日から“内田魂”を注入した。午前はパス回しやミニゲームに参加し、身ぶり手ぶりで直接指導。大声で「もっと寄せろ」「ナイス」と熱がこもった。一方で「ぬるさがあった」(千葉FW桜川)という10代の選手たちの練習の空気を、午後練習前のミーティングでの厳しい言葉で変えた。  「まだまだ足りない。1個1個のプレーを大切にしなきゃいけない。そんなんじゃ世界に届かない」と3~4分間あいさつ。同代表が出場を目指すU―20W杯に加え、欧州CLやW杯を経験し、8月の引退会見で「日本と世界との差は広がっている」と募らせた危機感を強く訴えた。影山雅永監督(53)は「日本人の中でトップの経験をした、かがみのような選手の言葉を近くで聞けるのはこの上ない環境」。内田氏は午後、名古屋DF成瀬ら自身と同じサイドバックの数人に直接指導。厳しくも温かい言葉でコーチとしての第一歩を踏み出した。(星野 浩司)  * * * * *  日本サッカー協会の反町康治技術委員長(56)は14日の委員会後に取材に応じ、内田氏の初指導を絶賛した。練習会場で指導を確認し「センスが良い。キビキビとやっていて、フリーマンで(実戦練習に)入ったりもしていた。思い描いていた通りで、良かったと思います」と話した。

報知新聞社

【関連記事】