Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

携帯電話の「プラン変更」 いつから適用されるの?

配信

ITmedia Mobile

 3月末から、いよいよ国内でも5G(第5世代移動通信システム)の商用サービスが始まりました。対応端末も順次発売されており、料金サービスも、キャリアによって形態は異なりますが「データ通信容量無制限」をうたうものが複数出てきました。「無制限なら、5Gに乗り換えようかな?」と思っている人もいると思います。 ドコモの「解約金留保」の仕組み  5Gへの乗り換えはプラン変更(と契約変更)を伴います。プランといえば、携帯電話の料金プランは「分かりづらい」と指摘されることが多いことも事実です。とりわけ、スマートフォンが本格的に普及してからは、ユーザーの使い方の多様化に合わせてプランも多様化し、結果としていろいろなプランが誕生した結果、かえって選ぶことが難しくなってしまった面もあります。  スマホの機種変更の度に、店員から新しいプランへの変更をすすめられたという人も少なくないでしょう。長年携帯電話の販売に長年販売に携わってきた中で、筆者も「プランを変えないと買い替え手続きが進められない」と案内をしたことがあります。このように案内すると、「それならば買い換えない」と帰る人もいれば、「新しい料金がいつから適用されるのかハッキリと分からないと買い替えできない」と不安をあらわにする人もいました。  少し前置きが長くなりましたが、今回の「元ベテラン店員が教える『そこんとこ』」では、携帯電話のプラン変更がいつから適用されるのかを解説していきます。 (記事中の価格は、全て税別です)

5Gへの契約変更:ユーザーに不利にならない形で新プランを適用

 冒頭でも述べた通り、今後特に増えるのが「5Gスマホへの買い替えに伴うプラン変更」です。  携帯電話の世代をまたぐ機種変更は、厳密には「契約変更」といいます。契約変更は現在の携帯電話回線の契約を別約款に基づく契約に移行することで、この際にプランは新しい約款に基づくものに“強制変更”されます。  ソフトバンクの5Gプランは「4G/4G LTE用の現行(最新)プランに『5G利用料』を加算する」という立て付けで、見かけ上、現行プランの契約者は「そのままのプラン」で5Gサービスに移行できることになります。しかし、約款上は4Gサービスと5Gサービスは“別”のサービスなので、裏では契約変更が行われることになります。  スマホ(音声プラン)の4G(LTE)から5Gへの契約変更は、どのキャリアでもユーザーが料金面で不利にならないように配慮されています。手続き上の扱いは、キャリアによって異なる面があるので、それぞれ説明します。 NTTドコモ  LTE(Xi)/3G(FOMA)から5Gへ契約変更する場合、原則として月初から5Gプランに加入していたと見なして料金を再計算します。  「カケホーダイライト」と「ウルトラデータLパック(月間20GB)」(「spモード」込みで合計月額8000円)を使っている人が契約変更で「5Gギガホ」に移行すると、月初から5Gギガホに加入していたと見なされるので、契約変更月の月額料金は7650円となります。  一部の例外を除き、回線の通信容量と課金ステップは速度制限中の通信分を含めて契約変更前後で通算されます。上記の移行例において、契約変更前に23GB(プラン分20GB+速度制限分3GB)通信していた場合、契約変更後に通信できる残り容量は77GBとなります。  現在、5Gギガホはキャンペーンで「国内容量無制限」となっているため、上記の事例はある意味で「空想」です。しかし、キャンペーンの有無を問わず、5Gスマホに買い換える際に5Gギガホを選択することによって、掛かっていた速度制限を「無料」で解除できるという副次的効果を得られます。  ただし、大容量プランから「5Gギガライト」に移行する場合、契約変更前の通信容量が7GBを超過していると、契約変更した瞬間に速度制限の対象となります。このようなケースはあまりないとは思いますが、気を付けましょう。

【関連記事】