Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「エコバッグ」の洗い方のポイント…手洗いできないタイプはどうする?

配信

メ〜テレ(名古屋テレビ)

3人に1人はエコバッグを“洗わない”

 7月1日から、レジ袋の有料化が義務化されます。  有料化で需要が高まっているエコバッグですが、注意するべきポイントがありました。  株式会社「プラネット」が行ったアンケート調査によると、エコバッグを「基本的には洗濯しない」、「洗濯したことはない」という人が32.9%。    「3人に1人はエコバッグを洗わない」という結果に…  エコバックを愛用している人たちに、お手入れをしているか聞いてみると…   「あまり洗わない」 「1回使うたびに、食品の汁が漏れるので、洗っています」

エコバッグの手入れのポイントは?

「特にこれからの時期は、だんだん暑くなってきて、1年のうちで1番食中毒やカビが気になる季節なので、エコバッグのお手入れをお願いします」(ライフクリエイティブ協会 上田伸美さん)  楽家事アドバイザーの上田伸美さんに、エコバッグのお手入れの仕方を教えてもらいました。

「まず、洗うことができるのか、洗わない方がよいのかを、見極めていただきたい」」(ライフクリエイティブ協会 上田伸美さん)  洗濯機で洗っても大丈夫なタイプであれば、ネットに入れて洗濯機へ。  漂白剤や柔軟剤は、使えないものが多いそうです。

 洗い終わったら、水気が残らないよう、裏返してしっかり乾燥させることも大切なポイント。

手洗いできないエコバッグはどうする?

 では、手洗いもできないタイプのバッグは? 「保冷機能が付いたバッグに関しては、アルミが貼ってあるため、洗濯機に入れると破れてしまう可能性があるため、『拭く』という対応でお手入れをしていただけたらよいと思う」(ライフクリエイティブ協会 上田伸美さん)  こうしたタイプは、まず外側をキッチンペーパーやタオルで水拭きします。  色んな場所に触れる持ち手や底の部分も忘れずに。 「お手入れの頻度は、特にこの時期は『毎回』。手拭き・洗濯機・手洗いなどで、毎回清潔にすることが大事」(ライフクリエイティブ協会 上田伸美さん)

【関連記事】