Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<半沢直樹>香川照之、アドリブは「出しどころまで考えてる」告白に堺雅人ビックリ!生放送で貴重な裏話続出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の特別番組「生放送!!半沢直樹の恩返し」が9月6日に放送された。 【写真を見る】「さァ!」「さァ!」の応酬は堺雅人発案のアドリブだった!「堺さんが”割りましょう”と」 この日の放送には、半沢役の堺をはじめ、渡真利忍役・及川光博、大和田暁役・香川照之、黒崎駿一役・片岡愛之助、笠松茂樹役・児嶋一哉が登場。 冒頭のミニドラマで堺扮する半沢が「わが東京中央銀行…いえ、TBSドラマチームは放送に間に合わせるべく全力で挑んで参りました。しかし、感染を予防しながらの撮影でどうしてもスケジュールが伸びてしまい、今日の放送を見送らざるを得ないことになりました。本当に、申し訳ございませんでした」と経緯を説明し、“謝罪”。毎話平均世帯視聴率20%超を獲得する人気番組の前代未聞の生放送スペシャルが始まった。 ■ 「“お・し・ま・い・DEATH”は堺さんに浴びせたい!と」 話題に上ったのは、第2話で大和田が半沢に「組織に逆らったらどうなるか、自分が一番よくわかっているはずだ。私はどんな手を使っても生き残る。だが君は…」「お・し・ま・い・DEATH!」と首を掻っ切るジェスチャーを決めたシーン。 演じた香川は「結論からいうと僕自身が考えた案です」と、この場面がアドリブだったことを告白。「(7年前の前作のラストシーンで)土下座を食らって以来の、半沢との再会シーンだから。台本では『君はもうおしまいです、半沢君』で終わってたんだけど、それを言うだけでは足りなかった」と、強烈なアドリブを繰り出した経緯を説明した。 「半沢直樹」の撮影方法は特殊で、テスト(リハーサル)の1回目からカメラを回し、出来がよければ採用もされる。すべての演技が“本番”というわけだ。これを踏まえ、香川の説明を聞きながら堺が「でも(『お・し・ま・い・DEATH』は)テストの途中からじゃなかったかな」と疑問を呈した。 すると、香川は「全部本番だから、1回目(の撮影)からアドリブを言うのはまだ“頃合い”がよろしくない。このアドリブはトップから行くか、4回目(の撮影)になってから言うか、っていうのは微妙に考えます」と告白。「『お・し・ま・い・DEATH』はとにかく堺さんに浴びせたい!と思ったから、3回目くらい、(カメラが)“寄り”になってからやりました」と振り返った。 アドリブ自体だけでなく、繰り出すタイミングまで見計らっているという香川に、堺や愛之助ら共演陣も一様に「ええーっ!」と驚きの表情。及川も「(アドリブの)出しどころまで考えてるとは思ってなかった」と、香川の職人技を讃えた。 堺も「テイクいくつもあるんですけど、そのたびに崩れ落ちてましたよ」と振り返るなど“お手上げ”だったというこの「お・し・ま・い・DEATH」シーンは、オンエア直後から視聴者の間でも大きな話題を呼んだ。反響を問われた香川は「お子様たちがね、マネをするというのは僕はね、やめていただきたい。大和田暁しか言えない言葉なんだあれは!…よい子はマネしちゃ、ダメ」とフォローも忘れず、共演陣の笑いを誘った。 ■ 香川照之「あれも堺さんのアイデア」暴露止まらず その後も、話題を呼んだアドリブシーンの裏側が次々と明かされた。 第7話、曾根崎(佃典彦)を挟んで半沢と大和田が「さァ!」「さァ!」と両側から追い詰めていく掛け合いのシーンはもともと、大和田一人のセリフだったという。 台本を見て、まず“繰り上げ”という歌舞伎の常套句が脳裏に浮かんだという香川。「台本を読んだら僕にはもうそれ(繰り上げ)にしか読めないわけですよ。これどうやって言おうかなと思ったら…」と回想し、「現場に行ったら堺さんが『この“さァ、さァ”は割りましょう(掛け合いにしましょう)』と」「本来(歌舞伎で)は詰め寄る側と詰め寄られる側で割るのを味方同士で割るという斬新な。これは堺さんのアドリブです」と、一人ゼリフが掛け合いになった経緯を語った。 堺も「『さァ』が一個欲しかったの。(さァ!さァ!に)混ざりたかった。僕も『さァ』があって、大和田も『さァ』があって、詰め寄っていくと面白いかなって」と狙いを披露。話をしていて興が乗った香川は「もっと言うぞ!『銀・行・沈・没!』のシーンの『没』で(大和田が)椅子に座ったのは、あれも堺さんのアイデア」とぶっちゃけた。 「楽しいですよ、うまい人ばっかりなんで。ご一緒していてすごく楽しいです」と、本編とは打って変わって終始にこやかに撮影の様子を語った堺。番組の最後には「本当に今日はすみませんでした!」と8話のオンエアが延期になったことを改めて謝罪。 「現場は一丸となって作っております。来週ちゃんとしたドラマをお見せできるよう頑張って、頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!」と宣言し、前代未聞の生放送を終えた。 裏話盛りだくさんの“恩返し特番”に、視聴者からも「めちゃくちゃ面白かった!」「思いがけず得した気分」など感謝のコメントが殺到。Twitterでは放送中から「#半沢直樹」がトレンド上位に浮上する注目を集めた。 コロナ禍でドラマ撮影の現場も困難を強いられる中、“生放送で視聴者と交流”という柔軟な対応でピンチをチャンスに変え、さらにファンを増やした「半沢直樹」。ドラマ内で半沢が語った「仕事は“感謝”と“恩返し”」を地で行く生放送企画も、“半沢イズム”がチーム全体に行き届いている証だ。視聴率も絶好調な「半沢直樹」が駆け抜ける残り3話にも期待が高まる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】