Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コンビニに頼る生活はやめるべき? スーパーに切り替えるとこんなに差が!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

コンビニエンスストアは街中のいたるところに存在していて、24時間いつでも開いている大変便利な店舗です。しかし、便利だからといって頻繁にコンビニを利用していると、日々の出費は増える一方です。 今回は、コンビニとスーパーマーケットの差に迫ります。

コンビニとスーパーでどうして出費に差がつくの?

当たり前のことですが、コンビニで売られている商品は基本的にすべてが定価です。一部の店舗や商品などを除いて、割引や安売りのされることはほとんどありません。実際、コンビニで売られている大手メーカー製の500ミリリットル前後のペットボトル飲料の多くが税込み150円以上です。 それに対して、スーパーマーケットで同じ商品の価格を調べてみると、100円未満であることがほとんどで、半額程度の値段で販売されていることもあります。スーパーで150円も払えば、1.5リットルや2リットルサイズの飲料が購入できます。 コンビニに飲み物だけを買いに行ったつもりが、話題の新商品やおやつなども一緒に買ってしまい、会計で金額を見て驚いてしまったという経験はありませんか? コンビニは購買意欲を刺激するよう省スペースに商品が陳列されており、目的外であった商品も購入しやすい構造となっているため、こういったことが起こるのです。商品の価格はもちろんですが、突発的な支出が発生しやすいという面もあり、コンビニとスーパーで支出に差が出るのです。

コンビニとスーパー、どれくらいの差がつくの?

では、コンビニとスーパーでの出費を簡単にシミュレーションしてみましょう。購入する商品は、お弁当と500ミリリットルのお茶、おやつです。コンビニの場合は、図表1のような合計額になります。 【図表1】

(筆者作成) 合計金額は800円となります。 次に、同じような商品をスーパーで購入すると図表2のようになります。 【図表2】

(筆者作成) スーパーでの合計金額は615円です。コンビニと比較すると185円の差が出ています。これを週に5回ほど繰り返したとすると、月の差は3700円ほどとなり、年間に換算すると4万4400円ほどとなります。 ここに、晩酌のお酒やおつまみ、日用品の購入なども加えれば、その差はさらに大きくなります。

【関連記事】