Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ふるさと納税」で返礼品をもらいつつ、新型コロナで困っている事業者を支援しよう!「先回りクーポン」や「プロジェクト型」など、さまざまな支援の形を紹介!

配信

ダイヤモンド・ザイ

 「ふるさと納税」を通じて、新型コロナウイルスの被害を受けている事業者や医療従事者などを支援しよう!  【詳細画像または表】  発売中のダイヤモンド・ザイ8月号には、別冊付録で「もしものときにも役に立つ! 【ふるさと納税】2020」が付いてくる!  この別冊付録では「ふるさと納税」で支援できる新型コロナウイルスの対策プロジェクトを紹介するほか、台風シーズンの前にゲットしておきたい「防災グッズ」の返礼品を用意する自治体を掲載。さらに、5000円以下の寄付でもらえる、おすすめの少額返礼品も取り上げているので、今年もそろそろ「ふるさと納税」を始めようと考えている人なら必見だ。  今回は、この別冊付録から「ふるさと納税」によってできる、新型コロナウイルス関連の支援の選択肢を抜粋するので、参考にしてほしい。 ●「ふるさと納税」を通じて新型コロナの被害を受けた事業者を支援 観光業界の支えになる「先回りクーポン」などに注目!   新型コロナウイルスの感染拡大による「緊急事態宣言」は、2020年5月にいったん解除された。しかし、経済活動の停滞を余儀なくされたことによる悪影響は、全国各地に拡大。外出自粛やイベント中止などで商品が売れず、危機に瀕している事業者も多いが、最近ではそんな事業者を「ふるさと納税」によって支援する動きが注目されている。  復習しておくと、「ふるさと納税」とは、応援したい自治体に寄付をすると、そのお礼として特産品などがもらえる仕組みだ。全国各地のおいしい食品が届いたり、生産者と交流できたりして、楽しみながら地域振興に貢献できる。 【※関連記事はこちら! 】 ⇒ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説!  自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介!   コロナ禍の今は、この「ふるさと納税」の仕組みで、需要が大幅に落ち込んで行き場を失った商品を受け取り、事業者の支援につなげることができる。各自治体は、「ふるさと納税」の情報サイトなどに掲載している各返礼品の紹介欄で、新型コロナウイルスによる被害が深刻な事業者を、「緊急支援」「消費拡大」といった言葉を入れながら紹介。パッと見ただけでも、支援すべき対象がわかるように工夫されている。  緊急支援が必要なのは、消費期限が限られている果物や野菜、肉、鮮魚などを取り扱っている事業者が多い。非常事態につき、生鮮食品の返礼品は通常より増量されていたり、寄付額が低く設定されていたりするケースが増えていることも覚えておこう。  また、新型コロナウイルスの騒動が収束したら、どこへ遊びに行くかを検討中の人もいるだろう。行きたい場所や興味のあるアクティビティなどが定まっているなら、観光業界を寄付で支援できる「先回りクーポン」を選ぶ手もある。実際に行くのは先の話でも、寄付の形で料金を先払いすれば、観光業界の苦しい“今”を支えられる。新型コロナウイルスの収束のメドが立たないなかでの支援となるため、「先回りクーポン」は有効期限が長く設定されていることが多い。 ●返礼品なしで自治体の取り組みを全力応援する選択肢も!  医療従事者や収入減で困窮した若者を支援するプロジェクトも始動 「ふるさと納税」の中には、返礼品を売りにするのではなく、自治体が“寄付金の使い道”を明示することで寄付を募る「プロジェクト型」と呼ばれるものもある。プロジェクト型は返礼品がなく、自治体は諸経費が抑えることができる。さらに、「ふるさと納税」の情報サイトも、緊急事態への支援を目的としたプロジェクトにはコストを課さない場合が多いため、プロジェクト型への寄付は、基本的に全額が自治体に届けられる。  2019年には、大規模災害の支援を目的としたプロジェクトに多額の寄付が集まったが、現在はさまざまな自治体が、新型コロナウイルスに関連したプロジェクト(医療従事者の支援や、子どもたちへのマスクの提供など)を立ち上げ、寄付を募っている。たとえば、大阪府は「新型コロナウイルス助け合い基金」を設定。多くの寄付を集め、5月29日時点で寄付額は2億円を突破した。居住している自治体や応援している自治体が、新型コロナウイルスの関連プロジェクトを立ち上げているなら、支援を検討してもいいかもしれない。  ちなみに、返礼品を受け取る通常の「ふるさと納税」でも、寄付した人が「自治体に寄付金をどう使ってほしいか」を選ぶことができるが、その選択肢の中に「新型コロナウイルス対策」を盛り込む自治体も増えてきている。  このように「ふるさと納税」なら、「困っている人たちを助けたい」という優しい気持ちを、手軽に形にすることができる。この仕組みを活用して、新型コロナウイルスと闘っている人たちにエールを送ってみてはいかがだろうか。 ●不透明な相場環境で取るべき行動や注目すべき銘柄とは?  ダイヤモンド・ザイ8月号をチェック!   今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の別冊付録「もしものときにも役に立つ! 【ふるさと納税】2020」から、一部を抜粋した。別冊付録では、このほかに「防災グッズ」の返礼品を用意する自治体や、5000円以下の寄付でもらえる、おすすめの少額返礼品なども紹介しているので、誌面も併せてチェックしてほしい!   なお、ダイヤモンド・ザイ8月号の大特集は「損を減らす!  下落で儲ける!  急落で勝てる【38のワザ】」。新型コロナウイルスの影響で、世界的に株価の動きが読みづらい相場が続いており、再び急落して二番底をつける懸念も根強い。そこで、この大特集では、急落時こそ守るべき“投資の基本”や、トレンドを見極めるためのチャートの読み方、損失を小さくする投資手法などをピックアップ。「コロナ・ショック」の暴落で思うように行動できなかった人は必見だ。  ほかにも、新型コロナウイルスの影響で状況が一変した「上場全3772銘柄の最新【理論株価】」や、3カ月に一度の恒例特集「人気の株500+Jリート14激辛診断【2020年・夏】」「人気の米国株100激辛診断」「成功サラリーマンに聞く【投資信託積立】Q&A」「甘いシニア婚の甘くない現実」「自腹でガチンコ投資! 【AKB48】株ガチバトル」など、読みごたえのある特集を多数掲載! 

ザイ編集部

【関連記事】