Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンジャッシュ児嶋のツッコミ瞬発力が光った『水曜日のダウンタウン』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

昨日観た番組とそこで得た気づき、今日観たい番組などを毎日更新で綴る、てれびのスキマによる2020年のテレビ鑑賞記録。

会話の幅が狭まる児嶋「やめろ!グルメ関係の話もダメなの!」

■『水曜日のダウンタウン』 プレゼンターに麒麟・川島。「そのうち渡部(アンジャッシュ)の仕事も回ってくる」と松本が言うとパネラーにいた児嶋が「生々しいな!」とツッコミ。それに対し「ホンマに、忙しくなりました」と川島。実際、そうだろうなと思う。 「多目的」「1万円」「ブランチ」「のぞみ」「行列」など渡部を連想する単語に敏感に反応する児嶋の瞬発力がスゴい。「途中でトイレとか行かないと」という普通の話でも「トイレ、気をつけて」と反応。さらには「お寿司食べたくなって。おいしいところ知ってる?」と松本が振ると「やめろ! グルメ関係の話もダメなの!」 ミックスルールシリーズ「大食いマラソン」予選になかやまきんに君、春日、あかつ、ジャンポケおたけというメンツ。並び的にジャンポケなら太田がキャスティングされそうな感じだけど、おたけは春日に競り勝ち決勝進出。そのがんばりが印象的だった。 ■『有吉の壁』 2.7次元アイドル「KOUGU維新」に新メンバーの巻尺(空気階段・水川)と紙やすり(四千頭身・石橋)が登場。どちらも顔がいいだけにビジュアル完璧。石橋は女性っぽいキャラの仕草やダンスも器用にこなすのもいいし、逆にダンスがぎこちない水川もそれはそれでいい。どんどんメンバー増殖させていってほしい!「おもしろいとは一切思わない! でもなんか人気あるんだよな」という有吉にきつね大津「ただ、このネタを考えれば考えるほど本ネタが思いつかなくなる(笑)」。 ■『戦国炒飯TV』 アイドルグループ「うつけ坂49」の絶対的センター森蘭丸(木津つばさ)が突如“脱退”を発表。プロデューサーの織田信長(加藤将)にすら知らされてなかったため、急遽、信長がセンターになるという展開。加藤将、身長も高くスタイルもいいからグループダンスがめちゃくちゃ映えるし、信長が「僕は気が利く~♪」と口を合わせるのも妙に可笑しい。 ■『有吉反省会』 ゲストのファンキー加藤は「反省」が終わったあと、バカリズムにクレームがあるという。『バズリズム』に出たりなど良好な関係だと思っていたが、「某バラエティ番組で応援ソングを歌っているミュージシャンを揶揄するような曲をバカリズムさんが歌っていたんですが、その時の格好がどっからどう見ても俺なんですよ。どういうこと?」と抗議。 これは間違いなく『ゴッドタン』の「マジ歌選手権」で「俺らしくありのままで生きたいと言われても 私らしくありのままで生きたいと言われても 君の基本のパターンを知らない♪」「誰も知らない道なき道を歩むよとイキられても 振り返らずに道なき道を歩むよとドヤられても そこは意外とメインストリートだよ♪」などと歌った「ありのままで」のこと。「揶揄しました?」と確認する有吉に「これは弁明の余地がありません(笑)」。 ■今日観たい番組 『アメトーーク!』(テレ朝)はダイアン、アインシュタイン、プラス・マイナス、天竺鼠で「東京って難しい芸人」。 『B面ベイビー!』(Eテレ)「ナイツ・塙宣之が語りたい“YMOとテクノの時代”」。 『両親ラブストーリー「オヤコイ」』(日テレ)第2弾。ゲストは、くっきー!、ジャンポケ太田、斉藤、鈴木奈々、ゆりやんレトリィバァ、富田望生。 『勇者ああああ』(テレ東)は「実況パワフルハンデマッチ」後編。

文=てれびのスキマ

【関連記事】