Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FCバイエルンツネイシ 上原洋史総監督兼U-18監督「何をしたいかを常に考える様に」

配信

高校サッカードットコム

 広島の福山市内を拠点に、バイエルンと正式に提携したサッカースクール、FCバイエルンツネイシサッカースクールが存在する。そこのチームとしてJFAにチーム登録されているのが、FCバイエルンツネイシだ。今回はFCバイエルンツネイシの総監督であり、創設2年目のユースのカテゴリーを指導する、SC東洋工業サッカー部(サンフレッチェ広島の前身)では、攻撃的なMFとして活躍し、在籍時にはのちに”ドーハの悲劇”時の日本代表監督を務めことになるヨハン・オフト氏の指導を受けた上原洋史総監督兼U-18監督にお話を伺った。 ―― ユースチームの現状と活動状況を伺えますか?  ユースのカテゴリーは現在創設2年目で、まだまだプロを目指したい選手は、他のJクラブユースや県内の強豪高校に行ってしまうので、そこはまだまだ自分のユースを選んでもらえていない状況です。2019年度はリーグとしては広島県のアドバンスリーグ4部を6位で終えました。 ―― チームではどの様な指導をしていますか?  ベースの底上げをしながら、守備に関してはDFラインの位置やチャレンジ&カバー、攻撃に関しては3人~5人が関わった時のグループ戦術に取り組んでいます。オフト氏には、常にボールホルダーに対して選択肢を2つ以上作り、トライアングルを形成する様に指導されていました。ボールホルダーに対して、ボールを持ってない人が如何に選択肢となれるかが大事ですね。例えば選択肢が横への選択肢であるよりも、パスを通せるなら縦に進んだ方が良いですし、選択肢が3つ以上ある場合は、深い所にいる選手に直接縦のクサビを入れて周りがサポートに行く、直接縦のクサビを入れられなくても、人を介して迂回してボールを届けるなどパターンは色々あります。ただ、ボールを止める・蹴る事がしっかり出来ないと成り立ちません。最近少しずつですが、選手のベースが上がり、やりたいサッカーが出来る様になってきたと思います。 ―― 選手にはどういった選手を目指して欲しいですか?  普段から言ってる事ですが、チームとして何をしたいかを常に考える様に指導しています。サッカーにも通じる事ですが、「社会に出た時も、チームに対して求められてる事を考えて実行する」という考えが役立つと思います。あとは指導者としては、彼らがプロになるにしても、大学や社会人で続けるにしても、次のステージで楽しんでサッカーが続けられる様ベースを作ってあげたいです。出来ればサッカーを長くプレーして貰いたいのが、指導者としての願いですね。 ―― バイエルンと提携しているチームという事で、バイエルンの指導法で意識している事、もしくは通じるものはありますか?  年に数回バイエルンからコーチを派遣して頂き、各チームカテゴリーを指導頂くのですが、毎回パスに関してはどのコーチも綿密に指導頂いてます。パススピード、パスをつける足、トラップの方向など、彼らが求める質の高さと言うのは毎回勉強になりますし、現在の練習に通じるものがあります。止める・蹴るの質を先ずは上げていきたいですね。 (取材=石津大輝)

【関連記事】