Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

攻撃的な対応は画面上だとより伝わってしまう?Web会議のハラスメントの注意点を聞いた

配信

FNNプライムオンライン

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世間でも普及が進むテレワーク。この影響で盛んになってきたのが、ビデオ会議アプリなどを活用した「Web会議」だ。 【画像】画面先の相手はこうなっているかも? 通信環境と接続用の端末さえあれば、場所を選ばずに参加することができ、互いの姿を見ながら意見を交わすこともできる。もともと利便性が高いシステムではあったが、感染防止対策にもつながることから、さらに注目を集めるようになった。 その一方で、Web会議にはコミュニケーションが難しいという側面もある。画面上のやり取りだけでは感情の変化などを読み取りにくく、こちらの気持ちも伝えにくい。 そうした皆がまだ慣れない環境では、新たなハラスメントのリスクもあるはず。管理職や上司の立場にある人が気を付けるべきことは、どのようなことだろうか。 ハラスメント対策の専門企業である「クオレ・シー・キューブ」に聞いた。

在宅勤務では「自宅」が「職場」

――Web会議ではどんなハラスメントが起きる可能性がある? 日頃から一方的な会話に終始する傾向のある上司は、部下の現状、意見、質問に耳を貸さず情報が滞ってしまい、部下のモチベーションが削がれたり、業務に支障が生じたりするでしょう。 また、複数人が参加する会議では、特定の個人に攻撃的な対応をすると、それがストレートに伝わりやすく、周囲もフォローしにくい環境にあります。そのため、攻撃的な対応をされた当事者はもちろん、会議の参加者全員が負の影響を強く受けてしまうことも考えられます。   ――Web会議の問題点とは? 在宅勤務は多くの人にとって突然始まったことであるため、住宅事情やネット環境などはWeb会議に相応しくない場合もあります。他人がそのことに不満を露わにしたり、個人的な事情に立ち入ろうとすれば、言われたほうは土足で踏み込まれた感覚を抱きかねないので、そこで発する一言がパワハラやセクハラとなる可能性は十分にあります。 在宅勤務では「自宅」が「職場」であることに留意する必要がありますし、特に上司は、部下のプライベート空間に踏み込んでいる状態にもなりうることに気を付けておきたいものです。 ――実際の相談例などはある? 普段から人格攻撃や部下の尊厳を傷つける発言をする上司から、他の同僚も参加しているWeb会議で公開で叱責された。こうした行為について会社から注意してほしい。このような上司の下で働き続けたくないので異動させてほしい。という相談が寄せられたことがあります。  

【関連記事】