Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ギャラン パルサー… WRCへ挑み散った"超二流"4WDターボの味と魅力

配信

ベストカーWeb

    誰もが認める名車が一流だとしたら、その陰に隠れた実力者は"超二流"と呼んでいいだろう。 【画像ギャラリー】いずれ劣らぬ役者揃い…! 時代を作り彩った実力車たちをギャラリーでチェック!!!    1980年代は日本のスポーツ4WDの創世記。大スターたちの陰で、それでも記憶に残り人々に愛された"超二流"の実力者たちをピックアップ。  ※本稿は2020年7月のものです 文:大音安弘/写真:ベストカー編集部 初出:『ベストカー』 2020年7月10日号

■国産4WDスポーツのスターモデルたち

    日本のスポーツカーの高性能ぶりを、特に世界に知らしめたのが4WDスポーツ。日本専用だったGT-Rも、今や世界的名車に。

■WRCへ挑み、夢ついえた猛者たち

1/6

    クルマの高性能とハイテク化が進められた1980年代は、日本のスポーツ4WD創成期でもあった。   特にエポックメイキングだったのが、ギャランVR-4とレガシィRSの登場だ。高出力エンジン+スポーツ4WDが、スポーツセダンに新たな風を吹き込んだ。   その両者が挑んだのがWRC。2台のバトルは、役者を変え、後のランエボvs.インプの黄金期へと発展した。   一方、志半ばで消えたモデルもある。パルサーGTI-RとファミリアGT-Rだ。いずれもWRCのために開発されたウェポンながら、大きな実績を残せず……。   特にファミリアは進化を続けるも、バブル崩壊とともにワークスが撤退。その夢も泡と消えてしまった悲劇であった。   後に登場したマツダスピードアテンザも、新たな高性能スポーツ4WDの姿を提案するも、1代で消滅してしまったのは無念。   ラリーといえばブーンX4も忘れてはならない。ダイハツ最後の競技専用車で、参戦フィールドこそ限定されたが、安価な競技車を提供したダイハツの志を高く評価したい。

■次点:三菱ミラージュサイボーグ4WD(1987~1991年)

    スポーティな3ドアハッチバックに、1.6Lターボと4WDを搭載したホットハッチ。セダンよりも短い全長4m切りのボディが武器。ただ競技車ベースもあるランサーGSRの陰に隠れてしまった1台。

【関連記事】